単純ヘルペス脳炎タンジュンヘルペスノウエン

単純ヘルペス脳炎はどんな病気?
単純ヘルペス脳炎とは、脳が単純ヘルペスウイルス(口唇ヘルペス)の感染により炎症を起こした状態を言います。発熱・頭痛など風邪の症状から始まって、けいれん・意識障害・異常行動・失語症などの症状があらわれます。重症になると嚥下障害や呼吸障害があらわれます。血液や脳脊髄液を検査し、ヘルペスウイルスが認められた時は、抗ウイルス薬を使用することで直すことができます。

単純ヘルペス脳炎の症状
単純ヘルペス脳炎は、約数日~2週間の潜伏期間を経て発症しますが、急性期には必ず起きることとして発熱、髄や膜刺激症状、痙攣、意識障害が起きます。場合によっては記憶障害や幻覚、失語症の言語障害もあらわれます。錯乱、幻視、異常行動といった意識障害もみられ死亡する確率も約3分の1と高めです。重症ならば後遺症も残る可能性があります。

単純ヘルペス脳炎の原因
単純ヘルペス脳炎の原因は、単純ヘルペスウイルス1型の感染によって発症するものです。通常ヘルペスウイルスは体に強い影響がないものの、時には大脳にある側頭葉や大脳辺縁系を侵すことによって、重い脳炎症状を引き起こします。側頭葉や大脳辺縁系に感染したヘルペスウイルスは、その部位の組織を壊死させて脳炎の病状を発病させていきます。

単純ヘルペス脳炎の検査と診断
単純ヘルペス脳炎の検査方法には、神経学的検査とウイルス学的検査があります。神経学的検査としては頭部画像診断(CT,MRI)と脳波測定、髄液(圧の上昇が認められるか、リンパ球などの細胞の増加が認められるか、蛋白の上昇など)の検査があります。ウイルス学的検査としては骨髄液からの単純ヘルペスウイルスの検出の有無と抗体値の測定があります。

単純ヘルペス脳炎の治療方法
単純ヘルペス脳炎は発病早期の治療が極めて重要であり、特に気を付けなければいけないのが気道の確保や栄養の維持などです。治療法としましては、二次感染を予防する意味でもセフェム系抗生物質やペニシリン系の抗生物質を投与します。抗ウイルス薬が特に効果的であり、アシクロビルを1日に3回10mgkgを1時間以上点滴をして、これを2週間間続けます。副腎皮質ホルモン薬(ステロイド)の併用も効果があるとされています。

単純ヘルペス脳炎の初診に適した診療科目

単純ヘルペス脳炎の専門外来

単純ヘルペス脳炎の専門医

単純ヘルペス脳炎に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ