被虐待児症候群ヒギャクタイジショウコウグン

被虐待児症候群はどんな病気?
被虐待児症候群とは、ひどい虐待を受けた幼児や小児に見受けられる、虐待が収まった後の継続した行動障害であるといえます。心的外傷後ストレス症候群の一種であるという考え方もあります。虐待は、非常に強い極度のストレスをもたらしますので、虐待く収まった後も、長期間にわたってこれらの心理的なストレスが継続してしまう傾向が強いと言われています。


被虐待児症候群の症状
被虐待児症候群において発生する子どもの症状には様々なものがあります。例えば、暴力や外圧により倒れた時に体をぶつけるなどをして身体の弱い子どもは重い外傷を負います。また、栄養不足やストレスなどから発達障害や成長ホルモンの分泌不全を起こすこともあります。その他にも、虐待による脳障害から知的障害や視力障害を起こしたり、ストレスにより学習能力の低下や情緒行動にも問題が生じることがあります。

被虐待児症候群の原因
被虐待児症候群は症候群の一つであり様々ケースがありますが、原因としては主なものが一つあります。それは虐待を受けるということです、それも一度や二度といったものではなく複数回にわたり恒常的に行われる虐待が要因となります。特に暴力、叩いたり、もので殴ったり蹴ったりタバコの火を押し付けたり階段から突き落としたりする事は要因となりやすいです。

被虐待児症候群の検査と診断
被虐待児症候群の検査方法は、精神科によるメンタル部分での診断や、虐待によって身体に傷がある場合は外科や内科などで検査するのが一般的です。外傷でも明らかに意図的に傷つけられた跡がある場合などはこの症状の疑いがあります。また、精神面では家庭内の不安や社会的な恐怖などを感じた場合などに検査を受ける事が多く、外面的と内面的の両方の検査の必要があります。

被虐待児症候群の治療方法
被虐待児症候群の治療法は子供の精神を安定させることが大切です。そのためには施設に入れたり専門の病院に入院させるなどして経過を見ていきます。発育の遅れなどの場合は専門医に相談して施設で様子を見ながら成長を見守ります。子供のためには施設や専門の養護園に入所させてその中で同じような環境にあった子供達とともに集団行動取らせる方が回復が早いこともあります。

被虐待児症候群の初診に適した診療科目

被虐待児症候群の専門外来

被虐待児症候群に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ