破綻出血ハタンシュッケツ

破綻出血はどんな病気?
破綻出血を発症すると、子宮内から出血を起こしてしまう症状が出ます。不規則な生活やストレスで、女性ホルモンのバランスが崩れた事が原因で発症します。更年期の女性が罹りやすい病気です。出血が大量に出るので、貧血やめまいを起こします。症状が重い時は、婦人科や産婦人科がある病院に行って輸血や点滴を受けると、貧血や立ちくらみを治すことが出来ます。


破綻出血の症状
破綻出血の症状は、主に不正出血です。本症例を含め、期脳出血は、全般的に、排卵周期に起こる排卵性出血と、排卵のない時期に起こる無排卵性期脳出血とに分類されます。主に、性機能が未熟な若年者に多くみられることも、本症例の特徴であり、大半が無排卵性出血となって起こります。また、更年期障害があるケースや閉経後であっても、何らかの理由により起こることが考えられています。

破綻出血の原因
破綻出血の原因となるものには、無排卵があります。その無排卵がおこるには、環境によるストレス、肥満や痩せすぎ、卵巣の腫瘍、高プラクチン血症などがあります。このような病気や生活ストレスによって、排卵が正常に起こらず、エストロゲンというホルモンしかでないでいると、子宮内膜が厚くなりすぎ、維持しておくことができなくなって、生理でもないのにはがれおちてしまうことでおきるのです。

破綻出血の検査と診断
卵巣ステロイドホルモンの量が減らないけれど起こってしまう出血を、破綻出血(はたんしゅっけつ)と呼びます。不正な出血です。検査方法は「基礎体温表の評価」「脳下垂体ホルモン・卵巣ステロイドホルモンの測定」により排卵があるかどうか・卵巣機能の評価をします。内診、超音波断層法での画像により診断をします。病理学的検査として子宮内膜細胞診、組織診などの検査の必要性があります。

破綻出血の治療方法
機能性不正出血のうちの破綻出血(はたんしゅっけつ)とはエストロゲンもしくはプロゲステロンの服用を続けている時に、子宮内膜が血行障害を起こし壊死することで起こる出血です。治療法としては、内診・問診・膣鏡診などの方法で検査を行うことで「器質性のものでないことが明らかである」とした上で診断します。基礎体温・ホルモン測定・臨床症状・子宮内膜組織を調べ無排卵性または排卵性かを診断したうえで処方されます。

破綻出血の初診に適した診療科目

破綻出血の専門外来

破綻出血に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ