内因性精神障害ナイインセイセイシンショウガイ

内因性精神障害はどんな病気?
精神疾患には外因性・内因性・心因性の3つに分類することができます。内因性精神障害の原因には脳の神経伝達物質の分泌異常が起きている、もしくは遺伝的な要因が挙げられています。しかし他の2つの分類とは異なり、根本的な原因は未だに分かっていないためあいまいな部分も多くあります。主な病気としては統合失調症や躁うつ病などがあります。


内因性精神障害の症状
内因性精神障害の代表的ともいえる病態は統合失調症です。この精神疾患によっておこる症状は、眠れない音や光、気配などの関するとても過剰ともいえる感覚機能に現れ、そのために常に精神的な休息ができないために非常な過重を負担をあらゆるシーンで感じてしまうというものです。人によって陰性と陽性の現れるケースがあることから、医療関係者にとってその判別が求められるものです。

内因性精神障害の原因
内因性精神障害の原因とされるものとしては、遺伝的素質の関わりや脳内神経伝達物質の機能的異常から起こると考えられています。このような器質的要素を持つ人が何らかの出来事がきっかけで発病する場合が多く、そのきっかけとなる外部要因が全くなく自然発病する場合もあります。自分が感じた何らかの刺激を悪いものとして評価されるとそれがストレッサーとなり、心理、身体、行動面に支障が出るというメカニズムになっています。

内因性精神障害の検査と診断
内因性精神障害の検査方法としては、主に問診を行い異常が見られるかどうかが判断をすることが困難な場合は脳の検査をお粉ことが多くなっています。脳内のどこかに異常があると判断された場合はこの病気が関連しているかどうかが考えられていきます。また、特定の部位に強い症状が出ている場合は必要に応じてその部位の検査を行うことも考えられます。

内因性精神障害の治療方法
内因性精神障害とは、一般的に「精神病」と呼ばれる内因性の精神障害で、統合失調症や躁うつ病がこれにあたります。この病気の治療法は、精神科医の指導のもと薬物治療を行うのが早期回復への近道です。抗精神病薬・抗不安薬・抗精神薬・抗うつ薬・睡眠薬により治療を進めます。薬物療法は、症状が改善しても飲み続けないと再発するので注意が必要です。

内因性精神障害の初診に適した診療科目

内因性精神障害の専門外来

内因性精神障害に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ