胎児仮死タイジカシ

胎児仮死はどんな病気?
胎児仮死とは、胎児が妊婦のおなかの中で、仮死している状態、または出産時に仮死している状態のどちらかを指します。原因としてはいくつか考えられますが、比較的多いのがへその緒などが巻き付いて窒息しているような状況があります。この場合は、エコーなどの画像診断によってそれが判明すれば、早い段階で対応をすることができる場合があります。


胎児仮死の症状
妊婦さんのお腹の中の胎児は、妊婦さんのへその緒の経由によって血液を取り込む事によって大きくなっていって、羊水に守られています。胎児仮死が起こる場合の症状の特徴として、胎児が赤ちゃんとして生まれてくる仮定の時に起こるケースが多く、周りの羊膜が赤ちゃんの呼吸器を圧迫して、呼吸が不全になる事によって呼吸が出来ずに仮死に到るケースです。

胎児仮死の原因
胎児が低酸素状態になる胎児仮死の原因は、母体側と胎児側で分けることができます。母体側としては糖尿病、心配疾患、喘息などによる無呼吸発作、そして過強陣痛などが挙げられます。また胎児側としては、低重量胎盤、過期妊娠胎盤、胎盤早期剥離や羊水過少などが挙げられます。重度の妊娠高血圧症候群の場合は、胎児の低酸素状態がとても高い割合で引き起こされます。

胎児仮死の検査と診断
胎児仮死とは、胎児の環境が悪化して低酸素状態になり、胎児が呼吸と循環器障害の状態になることをいいます。検査方法については妊娠中と分娩中の二つの場合があります。妊娠中の場合は、ノンストレステスト、超音波ドプラー胎児血流計測、バイオフィジカルプロフィールスコアリング、胎児血採血などがあります。分娩中の場合はノンストレステストと超音波診断法に基づき調査します。

胎児仮死の治療方法
胎児仮死の治療法ですが、胎内の胎児にこの症状が予測される場合にはその原因となっている疾患に対しての治療は欠かせませんが、いずれにせよ早急な分娩が必要となるケースが大半ですので、場合によっては帝王切開も視野に入れます。分娩時は母体への酸素不足も顕著になりますので母体への酸素吸入を行います。破水が認められる場合は羊水の補充を行いスムーズな分娩を促します。

胎児仮死の初診に適した診療科目

胎児仮死の専門外来

胎児仮死に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ