精索捻転セイサクネンテン

精索捻転はどんな病気?
精索捻転は精巣を腹部とつないでいる精索というひも状になっている箇所がねじれてしまう病気です。精索には精巣に血液を通わせる血管と精子の通路である精管が通っているため、ねじれが生じると精巣に血液が通わなくなりために激痛が起こり、速やかに処置がされないと精巣が壊死を起こしてしまいます。発症原因は陰嚢内で精巣を支える組織が十分でないことによるものと考えられています。

精索捻転の症状
精索捻転の症状としては夜中に突然激しい陰嚢部の痛みで起きることがあります。足の付け根から下腹部にかけて痛みが響くことがあるので違う病気と勘違いされることがあります。発熱はほぼ伴わないが、吐き気は伴うことがあります。陰嚢部は徐々に膨らみ、触るとひどく傷みます。この病気は前触れなく思春期の男子に発症します。新生児ではむずがるだけのため判断が遅れることがあります。

精索捻転の原因
精索捻転を発症するおもな原因は、発症時期によって異なります。新生児と思春期に発症する方が多いとされ、新生児では、まだ精巣が陰嚢のなかでしっかりと固定されていないため、精巣が回転しやすくなり、捻れが生じやすくなります。思春期では、第二次性徴にともなって精子の数が増え、精巣が急激に重くなる時期ですが、周辺組織の成長が追いつかず重量に耐えられなくなることで捻れが生じます。

精索捻転の検査と診断
精索捻転の検査方法とは、まず患者が病院を訪れたら際には苦痛を感じている場合が殆どなので直ぐに下半身を検査します。患部に血液が通わないために腫れている事が殆どです。これにより精索が捻転をしていると、直ぐに分かりますが、詳しく内部を調べる為にレントゲン撮影を行い、内部をみます。すると体内状態が写し出されます。これは診断から直ぐに手術が必要になります。

精索捻転の治療方法
精索捻転の治療法とはまず、早急な処置が必要になります。まず、下半身に直接メスをいれて捻れている部分を戻します。そして正常に血液が送り込まれているのか精巣の状態を確認します。それで正常に血液が送り込まれていればそのまま手術は終了しますが、精巣が壊死を起こして機能しない場合は、もう片方の精巣に悪影響を与える為に精巣を摘出する方法をとります。

精索捻転の初診に適した診療科目

関連部位から他の病名を探す

精索捻転に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ