強迫行為キョウハクコウイ

強迫行為はどんな病気?
強迫行為とは、何か特定の行動を合理的な理由のないまま行ってしまうような状態を指します。代表的なものとして、手を繰り返し洗ってしまったり、何かを何度も確認してしまうような行動が挙げられます。客観的に見ればおかしな行動であっても、その本人にとっては、それを必ずしなければならないと感じてしまいます。心身症の一つであると考えられています。


強迫行為の症状
強迫行為においては、何か特定の行動や動作を必要以上に行わなければならないという考えに支配されます。客観的に見れば非合理的な行動であっても、本人にとってはどうしても行わずにはいられなくなります。これに付随する症状としては、これらの本人が望む行為や行動が取れない時など、強いストレスを感じていらいらしたり攻撃的になったりするといわれています。

強迫行為の原因
強迫行為は、神経症の症状の一つですが、心理的、環境的要因などの心因よりも、脳科学や生物学的な原因が大きいとされています。脳内の特定部位の障害や、セロトニンやドーパミンを神経伝達物質とする神経系の機能異常が発症のメカニズムであるとされ、セロトニン仮説が有力視されています。几帳面や完璧主義などの性格が起こしやすいため、環境の強いストレスや外傷体験が脳の機能の低下を促進していると考えられています。

強迫行為の検査と診断
強迫行為は強迫性障害に分類されます。検査方法は簡単にすぐにわかるものとMRI検査などのものがあります。簡単にわかるものですと、細かい事に異常にこだってしまい、やるべきことが全然進まないという事や何度も同じことを繰り返してしまうということです。一概に性格やその時の状況だけとは言えないので脳関係の検査を、することもあります。脳炎など脳の検査などをしたりします。

強迫行為の治療方法
強迫行為の治療法は、主に精神的な疾患なため精神科での診療・治療が多く行われます。大きくは投薬療法と精神療法にわかれカウンセリングなども多く使用されます。また、大きく関与するのは社会的や家庭的なケアも重要で、他人からの自立サポートを行うことで更に改善が見込まれる可能性があります。外部の刺激に対してとても敏感になっている状況が多くありますのでこれらを取り除くサポートをしてあげると効果的です。

強迫行為の初診に適した診療科目

強迫行為の専門外来

強迫行為に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ