ギオン管症候群ギオンカンショウコウグン

ギオン管症候群はどんな病気?
ギオン管症候群という病気になると、尺骨神経をおこします。電動ドリルを長時間使用したり、腕立てをして手のひらにあるギオン管という神経に大きな負担をかける事が原因で発症します。プロの野球選手や大工などの職業の方が罹りやすい病気です。手のひらが麻痺したり、痛みを感じる症状が出ます。症状が悪くなってくると、次第に手が動かなくなります。


ギオン管症候群の症状
ギオン管症候群の主な症状は、主に小指や小指側手のひらの感覚が低下することやしびれなどがあります。手を関節に反って伸ばそうとすると痛みが発生することもあります。また、物をつかむ時、水をすくう時などに上手く指を使えないといった運動障害が起こることがあります。特に箸をつかむことで異常が見られます。進行が進むと筋肉が痩せてくる、日常生活に影響を与える恐れがあるため、注意が必要です。

ギオン管症候群の原因
ギオン管症候群を引き起こす原因には、手のひらの小指球にあるギオン管や周辺組織の廊下、ギオン管を囲う靭帯の異常、ギオン管にできたガングリオンなどと言われています。また、怪我や骨折をしたり、職業柄電動ドリルなどを長時間使用したときも起こる可能性があります。長時間自転車のハンドルを握る、ゴルフなど、握力を必要とするスポーツを行う事でも起こります。

ギオン管症候群の検査と診断
ギオン管症候群(ぎおんかんしょうこうぐん)とは手の小さな筋肉の痩せの進行で始まることが多いと考えられています。指を伸ばしたり・合せたりすることができなくなり、痺れ(しびれ)はありませんが、両手で顔を洗う時に水が漏れる様になってしまうなどが主にあります。検査方法としては、電気生理学的な検査をしなければならず、精密な神経の診察が必要です。

ギオン管症候群の治療方法
ギオン管症候群の治療法には、複数の補法があります。症状が軽いものである場合、安静にすることやビタミン剤を服用することで経過を見ることが出来ます。生活習慣の改善で自然に治癒することも多いです。また、ステロイド剤をしようしたり、電気刺激を与える治療もあります。症状の重いもの、特に筋委縮を起こしたりガングリオンを起こしている場合は手術が必要です。

ギオン管症候群の初診に適した診療科目

ギオン管症候群の専門外来

ギオン管症候群に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ