運動障害性構音障害ウンドウショウガイセイコウオンショウガイ

運動障害性構音障害はどんな病気?
運動障害性構音障害とは、神経一筋系の病気による発声発語運動の障害です。脳血管疾患や脳の外傷や腫瘍などによる、発語の運動を担う中枢の障害です。パーキソン病や、重症筋無力症などの、神経一筋系の病気で発語器官への病変が及んだ場合等おこります。言葉の音が歪んだり、話す速度が遅かったり不自然な抑揚のある話し方になります。治療法原因となっている病気の治癒が基本になり、同時進行で言語聴覚士による訓練が必要です。


運動障害性構音障害の症状
運動障害性構音障害の主な症状として、口や舌の動きが制限され、音が正しく作れず不明瞭な発音になることが挙げられます。発音以外にも、呼吸や発生、共鳴、話すリズムも障害され、聞き手に判りにくくなります。聞き手の印象も病名特定に重要となりますが、例として、声が小さい、声がかすれている、ろれつが回らないという印象になります。また、知能障害や失語症、飲食時の障害が合併されることもあるので注意が必要になります。

運動障害性構音障害の原因
運動障害性構音障害の原因は、脳への障害によって発病します。脳への外傷や脳血管の疾患、あるいは、脳腫瘍のような脳機能への障害が元になります。そうした脳に対する障害の各種の要因が関係することにより、大脳の言葉を発する運動を司る領域が破壊されたために、言葉を発するための力や運動のコントロールが失われ病状が発症することになります。

運動障害性構音障害の検査と診断
運動障害性構音障害とは、神経から筋系の病気による発声や発語運動の障害のことをいいます。内容はしっかりしているがろれつが回らないという状態であると言い表すことができます。検査方法としては、まず神経内科や耳鼻咽喉科にいきます。脳外科の診察も必要です。様々な専門家によって質問や検診が行われることによって障害があるかないかを判断します。

運動障害性構音障害の治療方法
運動障害性構音障害とは、音を出す器官の運動機能に障害があり、言葉を上手くしゃべれない病気です。この病気の治療法は、運動障害の原因となっている中枢または末梢神経や、筋肉運動の異常を治療する必要があります。そしてリハビリにより発話の訓練を行います。口や舌を大きく動かし、ゆっくり・はっきり話すように心掛けるだけでも、聞き取りやすい言葉をしゃべることができます。

運動障害性構音障害の初診に適した診療科目

運動障害性構音障害の専門外来

関連部位から他の病名を探す

運動障害性構音障害に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ