ボタン穴変形ボタンケツヘンケイ

ボタン穴変形はどんな病気?
ボタン穴変形とは指の真ん中の関節の内側(手のひら側)に曲がったままに固定されてしまい、指先の関節は外側(手のひらと反対側)に過剰に曲がってしまった変形です。この変形の多くは関節リウマチによるものが多いです。そのほかに、腱裂傷、脱臼、骨折、変形性関節症、PAに関係して起きるともいわれます。古くから、この変形は伸筋腱の中骨付着部の中央索に原因があり、生じます。


ボタン穴変形の症状
ボタン穴変形の症状とは、まず手の関節が不自然に曲がっています。指のの第一関節が内側に折れ曲がり見た目にも異常は直ぐに分かります。まず手の変形により物を掴んだり物を使用する事は困難になります。自身の力では指を動かす事は出来ない為にとても生活が不自由になります。この病気は徐々に進行して行くので精神的にも辛い思いしてしまいます。

ボタン穴変形の原因
ボタン穴変形の原因は、リウマチや外傷などです。特に関節リウマチを患っている場合には、この病状が起こります。また、切り傷や脱臼、骨折などの外傷によって、引き起こされるということもあります。怪我によってこのタイプの変形が指に表れるという場合には、おおよそ指の中節骨伸筋腱の付け根部分に外傷があった場合において、発症することが多いです。

ボタン穴変形の検査と診断
ボタン穴変形の症状は比較的容易に医師には診断が可能です。症状が見られる患者さんが整形外科医によって診断されれば、容易に検査が可能です。検査方法としましては指の変形、特にPIP関節が屈曲してDIP関節が反り返っている状態を目視で確認します。その後PIP関節部分の痛みや炎症を整形外科医が確認することで診断を行うことが可能です。

ボタン穴変形の治療方法
非ステロイド性抗炎症薬の投与を受けると、ボタン穴変形の炎症と指の関節痛の症状を緩和することが出来ます。関節の状態が悪くなっている時は、金製剤の投与で症状の悪化をストップすることが出来ます。副腎皮質ステロイド薬を使用した治療法なら、重度の関節痛や骨の痛みを抑える事が出来ます。免疫抑制剤を服用すれば、神経の痛みを癒す事が可能です。

ボタン穴変形の初診に適した診療科目

ボタン穴変形の専門外来

ボタン穴変形に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ