2度房室ブロックニドボウシツブロック

2度房室ブロックはどんな病気?
房室ブロックは伝導障害の程度による分類が存在し、1~3度に分けられます。その中でも、2度房室ブロックはさらにWenckebach型とMobitz2型に分けられ、PQ間隔、QRS波にそれぞれの特徴を持ちます。前者は、PQ間隔が次第に延びて、心室の興奮(QRS波)が脱落するものです。後者は、PQ間隔の漸増を伴わずに、突如心室の興奮が脱落するもので、前者よりも危険度が高くなっています。


2度房室ブロックの症状
房室ブロックは房室結節の機能が低下して、心室への伝導が障害された場合を房室ブロックといいます。第2度房室ブロックはWenckebach型とMobitz2型に分類されます。Wenckebach型は心電図でPQ時間が漸次延長し、QRS波が欠損し、その後の心拍でQRS波は再び現れます。症状として、極端に脈が遅くなったり、めまいや失神、心不全などが起こるため注意しなければなりません。

2度房室ブロックの原因
第2度房室ブロックの原因は心筋梗塞、心筋症などの基礎心疾患に伴う場合もあれば、基礎疾患のない突発性の場合もあります。迷走神経の過度の緊張や電解質異常で起こりやすく、薬物(β遮断薬、ジギタリス等)によっても起こります。ウェンケバッハ型は迷走神経の過緊張、房室結節の障害、モビッツ2型はヒス束以下の障害によって引き起こされます。

2度房室ブロックの検査と診断
2度房室ブロックの検査方法は、心電図により行なわれ、1度ブロック、2度ブロック、3度ブロックのどこに疾患があるのか判断されます。2度ブロックの場合は脈が遅くなり予備の刺激中枢からの発生する刺激により信号が興奮する補充調律が認められます。一過性や間欠性ブロックの診断には長時間の心電図記録が必要となります。心臓電気生理学検査は重症度の判定に役立ちます。

2度房室ブロックの治療方法
ペースメーカーを埋め込む手術を受ける事で、2度房室ブロックを効果的に治療することが出来ます。症状が悪化していて完全房室ブロックに移行している時は、心臓の一部を切り開くための手術を受ける必要があります。心臓の手術を受ける事で、脈が速くなる症状と胸痛の症状を治すことが出来ます。カテーテルで右心室に刺激を与える治療法も効果があります。

2度房室ブロックの初診に適した診療科目

2度房室ブロックの専門外来

2度房室ブロックに関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ