難治性潰瘍ナンチセイカイヨウ

難治性潰瘍はどんな病気?
難治性潰瘍とは読んで字のごとく治りづらい創傷のことをいいます。具体的には、糖尿病や動脈硬化、神経障害などで起こる潰瘍のことをいいます。なぜ直りづらいかといえば、この潰瘍の多くが足の指などの末梢で発生し、糖尿病や動脈硬化のために末梢の血管が駄目になって血液が行き届かなくなり、免疫機能や自然治癒機能が落ちてしまうので直りづらくなるのです。


難治性潰瘍の症状
難治性潰瘍とは、足のつま先や足の指が動脈硬化や糖尿病の影響で血液が行き届かなくなり潰瘍ができて壊死してしまう症状のことをいいます。この病気の治療法としては、動脈硬化や糖尿病の血管障害で血管が閉塞してしまっている場合は、太ももの血管から血管拡張カテーテルで閉塞部分を拡張することでかなり治療効果を上げることができるのです。

難治性潰瘍の原因
難治性潰瘍の原因はその種類によって様々です。例えば、糖尿病性潰瘍では糖尿病による免疫力の低下、創傷治癒遅延、動脈硬化、神経障害などがあり、動脈うっ滞脈性潰瘍の場合は下肢静脈瘤や下肢静脈還流異常によって引き起こされます。また、動脈性潰瘍は閉塞性動脈硬化やバージャー病により下肢に十分な血液が流れなくなることが関係しています。

難治性潰瘍の検査と診断
難治性潰瘍の検査方法をよく把握してみるといいでしょう。ですから、その原因と治癒を妨げている因子をしっかりと理解して取り除くことがもっとも重要となります。そして、局所治療と全身治療を行うといったことも大切なことであり、これによって治癒に近づきます。そして、原因はいろいろとありますが、やはり多くの疾患や病態が原因で生じているといったことがあります。

難治性潰瘍の治療方法
免疫抑制剤を服用すれば、難治性潰瘍を治療することが可能です。症状が進んでいる時は、ステロイドと免疫抑制剤を同時に使う治療法で症状の進行を止める事が出来ます。重症の時は薬剤を使った治療の他に、潰瘍を全て取り除く手術を受ける必要があります。血管に異常がある場合は、血行再建の治療を受ける事で血管と血液の異常を治すことが出来ます。

難治性潰瘍の初診に適した診療科目

難治性潰瘍の専門外来

難治性潰瘍に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ