ナットクラッカー現象ナットクラッカーゲンショウ

ナットクラッカー現象はどんな病気?
ナットクラッカー現象とは左側の腎臓がら出血することによって、肉眼的血尿が出る症状のことです。多くは小児から思春期前後に発症し、成人の場合は痩せた人によく見られます。左側の腎臓の静脈が上腸間膜動脈と腹部大動脈の間に挟まれると静脈内圧が上昇し血流が悪くなるため、左側の腎臓の毛細血管が出血し排尿時に血尿が出ます。多くの場合、自然に治ります。

ナットクラッカー現象の症状
ナットクラッカー現象の主な症状としては、明らかな血尿、比較的ピンク色のような明るい色から、茶色のような濃い色まで様々な血尿が出ます。基本的には体には異常はないですが、重症化すると腰痛や精巣または卵巣静脈瘤、貧血、そして左右のどちらかだけに腹痛が生じたりなどします。精巣・卵巣静脈瘤が発症すると不妊の可能性も生まれてくるので注意が必要です。

ナットクラッカー現象の原因
ナットクラッカー現象の原因は腹部大動脈と上腸間膜動脈の間に左腎静脈が挟まれ圧迫される事によって還流障害が発生し、結果左腎の内圧が上昇し血尿が発生する事によります。何の自覚症状も無く血尿が出るので驚く人も多いです。血尿がひどい場合を除き特に治療の必要はありません。特に痩せた人にこの症状が発生しやすく、太れば解決するという見方が主流です。

ナットクラッカー現象の検査と診断
ナットクラッカー現象の検査方法として行われているは腎生検という名称の検査です。この腎生検の検査を受けることによってこの症状が見受けられるかどうかが判断できます。エコー検査を取り入れるケースもあり、その場合も迅速な症状の有無の判断が可能となっています。いずれの検査の方法も比較的短時間で行うことができるため、これらの方法を取り入れる場合が多くなっています。

ナットクラッカー現象の治療方法
ナットクラッカー現象とは左腎静脈が腹部大動脈と上腸間膜動脈に挟まれることで還流障害がおき、左腎内圧が上昇し血尿の原因となる状態をいいます。治療法としては基本的に不要ですが、状態がひどい場合、泌尿器科では逆行性に内視鏡を入れ観察し、硝酸銀や電気焼灼により止血したりします。さらにひどい場合には貧血治療を手術をする必要があります。

ナットクラッカー現象の初診に適した診療科目

ナットクラッカー現象の専門外来

ナットクラッカー現象に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ