植物アレルギーショクブツアレルギー

植物アレルギーはどんな病気?
植物アレルギーとは、植物に含まれる物質が原因となって生ずるアレルギーのことです。一言で植物成分といっても非常にたくさんの種類があります。例えば、植物性の食品に含まれる成分によってアレルギーが発症する場合がありますが、これは当然経口摂取によるアレルギーとなります。それに比べて植物に触れた場合などに接触性のアレルギーが生じる場合もあります。


植物アレルギーの症状
植物アレルギーによる身体への変化は様々ですが、最も多いのはじんましん、痒い、皮膚が赤くなる、顔が腫れるなどの皮膚に現れるものです。重症では、食物摂取後の15分から30分の間に、喘息、呼吸困難、全身のじんましん、喉頭浮腫などの多臓器のアレルギー症状が発症します。さらに、血圧低下、チアノーゼなどの循環障害を伴うアナフィラキシーショックが起こる場合もあり、命にかかわる可能性もあるので注意が必要です。

植物アレルギーの原因
植物アレルギーとは食物に触れたり、食べたりすることで体が植物を異物として認識し免疫反応が出てしまうことをいいます、原因としては、植物を異物として過剰に認識して自己免疫機能が働くことで、酷い場合ですとショック状態に陥り、死に至ることさえあるのです。同様のアレルギーが食物アレルギーで同様の免疫機能が働き過剰反応して起こるのです。

植物アレルギーの検査と診断
植物アレルギーの検査方法は、肌にアレルギー物質を乗せて1日、放置してから、はだがどうなっているのかを見ながら行います。検査をするときには、肌の腕などの比較的症状がでにくい場所を使い、肌があれないように、行います。そうすることにより、肌荒れを防ぎます。また、アレルギーがあるようであれば、肌は赤く炎症をおこするので、見ると分かります。

植物アレルギーの治療方法
植物アレルギーが認められる場合には、いくつかの治療法が考えられます。一つは積極的な方法として、原因となるアレルギー物質を少しずつ量を増やしながら摂取していくという積極的な治療方法です。もう一つの方法は、原因となるアレルギー物質を摂取しないようにするという、全く反対の方法です。原則的には後者の方が安全ですので、そちらが採用されるケースが多いといえます。

植物アレルギーの初診に適した診療科目

植物アレルギーの専門外来

植物アレルギーに関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ