睫毛内反ショウモウナイハン

睫毛内反はどんな病気?
睫毛内反とは、睫毛が内側に反った状態のことです。通常の睫毛は、ほとんどの場合はまっすぐに生えているか、もしくは外側に少々沿っているものですが、この場合は内側に反っているため、眼の中に入ってしまったりするケースがあります。目に入ってしまうと、睫毛の先端が眼球に触れてしまうため、眼球が炎症を起こしてしまうような場合があります。


睫毛内反の症状
睫毛内反においては、睫毛が内向きに反り返っていることによって、その先端が眼球の表面に触れて、その部分に炎症を引き起こします。ときには強い痛みを伴うこともあると考えられます。睫毛の構造的な問題ですので、これらの症状は長い間継続することになります。根本的な構造の改善は困難であるため、痛みや炎症を改善するのも非常に難しいといえます。

睫毛内反の原因
睫毛内反の原因には加齢や先天性のもので、まぶたの皮膚がたるんだり過剰だったりする場合と、皮膚下の筋肉の筋力低下により引き起こされる場合があります。小さな子供で症状が軽い場合は成長するにしたがって自然と治ることもあります。他にもまぶたの炎症でまぶたが変形したり、まぶたが痙攣してまつ毛が角膜方向に向いてしまう場合もあります。

睫毛内反の検査と診断
睫毛内反の検査方法とは、まず患者の睫毛がどのようにして眼球に悪影響を与えているのかを、よく見ます。瞬きを行ったり、後は睫毛の向きを確認します。異常に瞼が垂れ下がっている場合もあるので瞼に直接触診を行います。そして瞼が下がる病気等の可能性もありますので瞼を注意深く観察して、手術が必要かまたは不要なのかを診断していきます。

睫毛内反の治療方法
幼少期の睫毛内反で軽症の場合の治療法は、1歳前後で自然に治ることがあるので、抗生剤を点眼しながら経過観察をします。まぶしがったり痛がるなど症状が強い場合は手術による治療をします。加齢性の内反では、睫毛を抜くと一時改善はしますが、炎症を起こしたりまた同じように生えてきたり、睫毛が太くなったりするため、きちんと治すには手術が効果的といえます。眼科の医師が病的と判断した場合のみ健康保険が適用となります。

睫毛内反の初診に適した診療科目

睫毛内反の専門外来

関連部位から他の病名を探す

睫毛内反に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ