上室性不整脈ジョウシツセイフセイミャク

上室性不整脈はどんな病気?
上室性不整脈は、心房筋の異常自動能や主に心房内でエントリーする頻拍です。心房細動では、血液を規則的に心室へ送り出せず、短期的にひどい症状にはなりにくいが慢性的になると危険で、肺梗塞や脳梗塞を起こすこともあります。心房粗動は毎分250回以上心房内を信号が回り続ける頻拍で、動悸が起こったり胸が痛むといった症状が出ます。他にも房室回帰性頻拍や房室結節回帰性頻拍があり、動悸や胸の違和感などを感じます。


上室性不整脈の症状
上室性不整脈は、規則正しく打っていた脈が一瞬途切れたりする状態のことで、不整脈の中では最も多く見られる症例です。ほとんどの場合は自覚症状はないため気づきませんが、病院に行って医師から聴診を受けたり、脈拍の測定を行ったり、心電図をとった時などに判明します。状態が悪くなると、胸が一瞬重たくなるように感じたり、胸にもやもやとした違和感を感じたりするようになります。

上室性不整脈の原因
上室性不整脈という疾患の原因としては、心臓の洞結節という部位から発せられる刺激が規則的に発生しなくなり、伝達回路に支障が生じることにあります。また、こうした不整脈は、心臓病・呼吸器疾患といった重篤な疾患によって引き起こされている場合もあるので注意が必要だといえます。不整脈は、心臓・呼吸器といった体内の重要な臓器での変調によって引き起こされるものだということをしっかり認識することが重要です。

上室性不整脈の検査と診断
上室性不整脈の検査方法として行われているのはホルター心電図の採取です。この心電図は一定期間にわたって携帯型の心電図の記録を残す機械を身に着け、心電図を採取していきます。また、運動している場合のみに特化してトレッドミル運動負荷試験という検査の方法をとることもあります。いずれの場合でも不整脈の有無を容易に判断することが可能です。

上室性不整脈の治療方法
上室性不整脈の治療法としては、内服薬の投与が最も多く行われています。大半の場合はこの内服薬の服用を一定期間続けることで大幅に症状を改善させることが可能です。また、不整脈の度合いが比較的重度な場合でも内服薬の服用期間を長期間にすることで症状が改善されるケースが大半を占めます。この治療に用いられる薬剤は複数の種類が存在します。

上室性不整脈の初診に適した診療科目

上室性不整脈の専門外来

上室性不整脈に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ