血管迷走神経反応ケッカンメイソウシンケイハンノウ

血管迷走神経反応はどんな病気?
血管迷走神経反応とは、献血などの採血をしたときに、針を刺して迷走神経を緊張させてしまうことによりおこる副作用です。採血中や後に血圧が下がったり、脈拍が遅くなったりして、軽度ならば欠伸や嘔吐や冷や汗、重度ならば意識を失ったり痙攣を起こしたりすることがあります。献血による緊張や不安、そのときの体調不良、疲れなどが原因とされています。


血管迷走神経反応の症状
血管迷走神経反応の症状として、徐脈、血管拡張からの血圧低下などがあげられます。また、顔面蒼白、冷汗、立ちくらみ、めまい、気分不快などを伴う場合もあります。これは、何らかの原因によって、迷走神経の活動が活発になることによります。重症の場合では、失神することがあります。失神からの誤嚥の可能性もあるので、注意が必要とされています。

血管迷走神経反応の原因
血管迷走神経反応の原因は、強い痛みや神経性のショック、ストレスなどで迷走神経が刺激を受けた場合に自律神経のバランスが崩れて末梢の血管が拡張して血圧が下がるために脈拍が遅くなるために起こります。自律神経が突然の失調のために血圧や心拍数が下がり、脳に行く血液の循環量を確保できなくなるために失神や目まいを起こします。心臓が悪いわけではありません。

血管迷走神経反応の検査と診断
血管迷走神経反応では、様々な特殊的な症状がみられます。それらがみられた場合に、この反応が起こっていると考えます。特殊的な症状の中に、徐脈や血圧低下が含まれているので、検査方法として、これらを症状を把握するために脈拍数と血圧測定が行われます。心電図などでも測定は可能ですが、素早く測定するために人的な脈拍測定と血圧測定が行われます。

血管迷走神経反応の治療方法
血管迷走神経反応とは、献血・歯医者・軽傷事故などの場面で多く起こる反応。脳神経のひとつで、ほとんどの内臓の運動・知覚神経である迷走神経が緊張状態に陥る事で、採血中に低血圧を引き起こしたり、不整脈・吐き気や嘔吐・失神・痙攣などの症状になる事です。現在明確な治療法は無く、筋肉注射でのアトロピン投入や、血管拡張剤の不使用など、担当医と相談した上で、個々に合った対処をしていくしかありません。

血管迷走神経反応の初診に適した診療科目

血管迷走神経反応の専門外来

血管迷走神経反応に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ