軽度難聴ケイドナンチョウ

軽度難聴はどんな病気?
軽度難聴は難聴の中でも小さい会話のみ聞き取りにくい、静かな場所での女性4、5人の会話で声が小さい人の話を正確に理解できない程度の状態です。難聴の分類は複雑で聞こえにくさよりも生活上の支障の度合いなどが治療の程度に関係してきます。また会話を正確に聞き取ることが必要で、かつ聞き返しが許されないような状況にある患者は補聴器が必要な場合もあります。


軽度難聴の症状
軽度難聴の症状とは、まず私生活で音が聞こえづらくなります。人に呼び掛けられても気が付かなかったり、会話の際に聞き返す事が多くなります。そして小さな音にはとても鈍感になります。遠くで聞こえる救急車のサイレン等が他人には聞こえていても自身には聞こえないのです。そして近づいてきた際にやっと音が聞こえてきます。これは自身でも自覚出来るので直ぐ耳の異変に気づきます。

軽度難聴の原因
軽度難聴の原因は、物理的なダメージが多い傾向にあります。外部からダメージ、耳内部へのダメージなどがあり、場合によっては液体が侵入して軽度な難聴となることもあります。また、人によってはストレスで発症することがあります。ストレスの度合いによりますが、過度なストレスほど、かかりやすいです。ケースによっては、耳鳴りも発症します。

軽度難聴の検査と診断
軽度難聴の検査方法は、一般的にまず聴力検査を行う場合がほとんどです。その結果、26~39dbの張力と結果が出た際にこの疾患が認められます。ですが、結果には個人差が多く本人の意志も関連している検査で正確な検査ではないことが懸念されています。更に、現状これ以外の方法の例がないということも懸念されており、確実な検査を行うように研究されています。

軽度難聴の治療方法
軽度難聴が観察される場合、積極的な治療法を採用しない場合もありますが、本人が強く希望する場合など、治療を行うケースもあります。老人性の難聴の場合には、原則的には手術などによって回復することは困難であると考えられていますので、それ以外の方法がもちいられます。補聴器などの補助的な器具を使用するケースが最も一般的だと考えられます。

軽度難聴の初診に適した診療科目

軽度難聴の専門外来

軽度難聴に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ