狭心痛キョウシンツウ

狭心痛はどんな病気?
狭心痛というのは、5~10分間続く前胸部の絞扼感のことをいいます。心筋に血液が一時的に行きわたらなくなることが原因です。通常、血液は血管をスムーズに流れているけれど、何らかの原因で血管にコレステロールなどがたまり、アテロームというものになります。これが何らかの拍子に破れてしまうと、血栓を形成し、血管がつまりやすくなるのです。ニトログリセリンが有効なことが特徴です。


狭心痛の症状
狭心痛というのは、狭心症におけるもっとも特徴的な症状です。まれに痛みを感じないような狭心症も存在しますが、その場合には、痛みを感じないことによって狭心症であるということに気づかず、診断が遅れるケースがあるといわれています。また痛みを感じるケースは、狭心症が比較的進行した状態であると考えることもできます。ニトログリセリンなどの投与によってこの痛みは消失します。

狭心痛の原因
狭心痛の原因となるのは、冠状動脈がつまることから心筋が酸素不足におちいる、虚血性心疾患が主なものです。狭心症もそのひとつですが、代謝性物質が発生し神経を刺激すると痛みが強くなります。いずれも動脈硬化がもととなり、血管内に狭窄や閉鎖がおこります。中でも心筋梗塞を起こした場合にはより激しい痛みが出ます。また、運動を行ったり、緊張時にも痛みが出る傾向があります。

狭心痛の検査と診断
狭心痛の検査方法には、主に心電図による心臓の電気変化の状態確認と、携帯型心電図による24時間の心電図解析、運動時の心電図変化をみる方法などがあります。また、超音波検査により心臓の動きを確認したり、心筋の血流に滞りがないかを調べます。以上の検査において狭心症のために痛みがでている可能性が高まった時には、心臓血管造影検査を行い、更に詳しく血管内を調べます。

狭心痛の治療方法
狭心痛が観察される場合には、いくつかの治療法が考えられます。一つは根本的な治療として、この痛みの原因となっている心臓の血管を広げる手術を行うということです。一方で、もっとも一般的な治療をとして挙げられるのは、薬の服用です。心臓の血管が狭くなることによって痛みが発生しますので、狭くなった血管を広げるような作用をもつ薬を服用します。

狭心痛の初診に適した診療科目

狭心痛の専門外来

関連部位から他の病名を探す

狭心痛に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ