肝細胞腺腫カンサイボウセンシュ

肝細胞腺腫はどんな病気?
初期の状態の肝細胞腺腫は自覚症状がないので、知らないうちに重症になるケースが多いです。病気の進行が進むと腹部に強い痛みを感じるようになります。さらに悪化すると、胃や腸などの臓器を圧迫するようになるので食欲不振や便秘を起こすようになります。熱が出るので、頭痛とだるさを感じます。エタノールを注入する治療法で治すことが出来ます。


肝細胞腺腫の症状
肝細胞腺腫は経口避妊薬を使用しています女性にみられます良性腫瘍です。症状ですが、腹痛・腫瘤触知・腫瘍によります圧迫などがあります。ごくまれに腺腫が破裂し出血を起こし、緊急手術が必要になりますことがあります。経口避妊薬の服用を中止しますとたいていは消失します。避妊・月経困難症・子宮内膜症で経口避妊薬を服用しています女性は注意が必要です。

肝細胞腺腫の原因
肝細胞腺腫の原因は、胎児の時に母胎内で遭遇した何らかの異常により発症するケースが多く見られます。また、性ホルモンや経口避妊薬の服用が関与しているケースもあり、寄生虫が関与しているケースもあります。腫瘍が悪性でガンである場合には、他の臓器で発症したガン細胞が、リンパ液などを通じて肝細胞に転移して発症するケースもあります。

肝細胞腺腫の検査と診断
肝細胞腺腫(かんさいぼうせんしゅ)は出産可能年齢の女性、特にピルを服用している女性に多くみられます。ピルによって起きている腺腫はピルの服用を止めると多くの場合、消失します。正常な腫瘍が集まってできた、良性腫瘍です。検査方法ですが、腹部CT検査や腹部MRI検査、超音波エコー検査などの画像診断により行います。血液検査、血管造影検査も行います。

肝細胞腺腫の治療方法
肝臓の一部を切除する治療法で肝細胞腺腫を治療することが出来ます。症状が進行していて腫瘍が肥大している場合は、肝臓を摘出する手術を受けると腫瘍を取り除く事が可能です。初期の状態の腫瘍なら、エタノールを注入する治療で肝臓の異常を治すことが出来ます。肝臓に嚢胞が出来ている場合でも、嚢胞にエタノールを注入することで嚢胞を治療することが可能です。

肝細胞腺腫の初診に適した診療科目

肝細胞腺腫の専門外来

肝細胞腺腫に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ