慢性腎盂腎炎マンセイジンウジンエン

慢性腎盂腎炎はどんな病気?
腎盂や腎臓が細菌などに感染し起こる急性腎盂炎を繰り返すことで慢性腎盂腎炎に移行します。腎機能が徐々に悪くなり腎機能障害をおこします。症状が進むと腎不全になり透析を必要とする場合もあります。慢性期での主な症状に微熱や倦怠感、食欲不振などがあげられますが、初期の目立った自覚症状が少ない病気でもあり、ある程度症状が進行してから気付く事も多いです。

慢性腎盂腎炎の症状
慢性腎盂腎炎の症状は寒気や震えとともに高熱がでたり、腰や背中が痛んだりします。背中はじーんとした鈍痛がみられます。また尿も濁ってきたり、頻尿になってきたりします。また微熱や食欲不振、体重が減ってきます。中でも1番多くみられるのは全身の倦怠感です。常にだるく何もする気が起きない状態が続きます。病院にいかないまま放置すると腎不全になってしまう可能性があります。

慢性腎盂腎炎の原因
慢性腎盂腎炎の原因は、大腸菌や他の細菌が、尿道などの尿路を通して膀胱・尿管・腎臓へ達して炎症を引き起こすためです。腎臓や膀胱などの排尿にかかわる器官は、健康な体では無菌状態に近く、細菌が侵入しても尿で押し出されることが多いのですが、尿路結石、腎盂・尿管の悪性腫瘍、神経因性膀胱、前立腺肥大などの尿路障害があると感染の要因となります。

慢性腎盂腎炎の検査と診断
慢性腎盂腎炎の検査方法は、まず、尿検査をして、尿の中に膿、細菌、血が混じっているか調べます。膿、細菌、血が検出された場合は、血液中の白血球、細菌の増加を見るため、血液検査をします。腎臓では血液をろ過して尿をつくるので、血液を調べると腎臓の状態が確認できます。背中に痛みがある時は、超音波検査や、X線検査を行うこともあります。

慢性腎盂腎炎の治療方法
慢性腎盂腎炎とは、尿路感染を引き起こした細菌が腎盂までひろがって慢性的に炎症を起してしまう病気のことです。この病気の治療法としては、水を多く取った上で抗生剤治療を行なうことがもっとも効果があるとされています。また尿路感染を慢性的に引き起こすような尿路の狭窄などがあれば外科的手術を行なうことでかなり治療効果が得られるはずです。

慢性腎盂腎炎の初診に適した診療科目

慢性腎盂腎炎に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ