腹膜灌流フクマクカンリュウ

腹膜灌流はどんな病気?
腹膜灌流は、腹膜透析とも呼ばれるもので透析療法の一つです。この腹膜透析という透析療法は、自己の腹膜を利用することで血液の浄化を図るものです。この透析療法は、もう一種類の透析療法である人工透析と比較してみるとその違いが明確になります。というのも、上述の腹膜透析が自己の腹膜を利用するのに対し、この人工透析は人工の半透膜を利用することで血液を浄化するものだからです。

腹膜灌流の症状
腹膜灌流とは一般的には腹膜透析と呼ばれている透析の一種です。この方法を用いれば通常であれば週に3回透析を受けなければいけない手間が省けて24時間透析ができるので非常に便利で治療効果が高いのです。この腹膜透析を行なうことで起こる症状としては、職の段階では腹膜に挿入したカテーテルの異常などがあります。長期的には腸閉塞を起しやすくなります。

腹膜灌流の原因
腹膜灌流は腹膜透析とも言われる、人工透析と並ぶ透析治療の一つです。そもそも末期の腎不全という輸血が多い場合に見られる血清肝炎が原因として必要となってきます。確率の低いものですが、その分危険度は高くなっています。透析を行うことで完全に治すという事は出来ませんが、長期の治療により程度を抑えることができるうえ、普段の生活に与える影響も少なく済みます。

腹膜灌流の検査と診断
腹膜灌流は人工透析と並ぶ治療法で、人工透析が人口の濾過装置で血液を浄化するのに対し、自身の腹膜を利用して血液の浄化を促す方法です。透析時の検査方法として、腹膜を利用するため、直前に別の手術を行っていないかの有無や、人工肛門など清潔を保てない治療を行っていないかなどの確認を行います。既往症や手術経験によっては別の方法をとる場合もあります。

腹膜灌流の治療方法
腹膜灌流とは人工透析と並ぶ、透析療法です。人工透析が人工の半透膜を利用し、血液をろ過するのに対して、腹膜透析は自己の腹膜を利用して血液の清浄化を行います。腎臓など疾患が見つかった際に行います。週に2回くらい通院をします。治療法はなく通院することで人体に清潔な血液などが送られるようになります。またAPDなど通院せず自宅で自動透析が行える機械もあります。

腹膜灌流の初診に適した診療科目

腹膜灌流の専門外来

腹膜灌流に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ