脳動脈瘤破裂ノウドウミャクリュウハレツ

脳動脈瘤破裂はどんな病気?
脳動脈瘤破裂は、くも膜下出血の原因の八割を占めています。脳動脈瘤は、高血圧や動脈硬化、喫煙、遺伝性の因子などが関係して形成されるといわれ、動脈の分岐部に生じることがほとんどです。瘤が増大してくると、周囲の神経が圧迫され、散瞳や復視、眼瞼下垂、視野障害などの症状がみられます。こうした症状が現れた場合は、破裂を防ぐために瘤をクリッピングしたり、内部にコイルを詰めるといった処置が行われます。


脳動脈瘤破裂の症状
脳動脈瘤破裂の典型的な症状としては、激しい頭痛があります。他にもこの破裂する脳動脈瘤に見られる状況としては、吐き気、頸部の激しい痛み、目のかすみ、眼の奥の激しい痛みなどがあります。この脳動脈瘤が破裂するまでは全く痛みを感じませんが、未破裂の脳動脈瘤がある場合には、視野が見えにくい状態になったり、物事を考えづらくなるなどの状態を感じることが多くなります。このような場合には注意が必要です。

脳動脈瘤破裂の原因
脳動脈瘤破裂の主な原因としては先天的なものがあり。中膜の部分に何らかの不具合がある状態で、血圧による負荷が加わる事で動脈瘤が大きくなるという特徴があります。又、この症状は遺伝的な要因も多くあり、遺伝的な履歴がある場合には、この病気の発症率が高まる事になります。更に、特殊な要因としては、細菌性の脳動脈瘤や外傷によるものもあります。

脳動脈瘤破裂の検査と診断
脳の中の動脈の部分に動脈瘤が出来ている場合で、動脈瘤が破裂した場合の脳動脈瘤破裂は命を落とす結果になりかねないので、定期的に脳ドックを受けておくべきです。検査方法としては、CTやMRTなどの脳の血管の細部まで検査できる装置で、動脈の瘤が出来ていないかどうかを判断します。瘤が大きい場合ははっきり見えますが、小さい場合はなかなか判断しにくい事です。

脳動脈瘤破裂の治療方法
脳動脈瘤破裂は、治療に関してのガイドラインが設けられており、余命が10から15年以上ある場合、動脈瘤の大きさが5mmから7mm以上、動脈瘤の大きさが5mmから7mmより小さい場合でも、症状のある場合や特定の部位にある場合、形態的特徴を持つ場合等の一定の条件が揃えば手術が薦められています。治療法は頭蓋骨を切開し動脈瘤に直接施す方法が一般的ですが、血管内手術を行う場合もあります。

脳動脈瘤破裂の初診に適した診療科目

脳動脈瘤破裂の専門外来

脳動脈瘤破裂に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ