乳房痛ニュウボウツウ

乳房痛はどんな病気?
乳房痛は、月経である女性が月経周期の黄体期後半から月経期にかけて痛んだり軽く張ったりする症状です。月経前緊張痛の症状の1つです。同時にめまいや頭痛・むくみを起こすときもあります。乳房の外側の広い範囲の乳腺が肥厚することがあります。卵巣から分泌されるエストロゲンや黄体ホルモンの作用で、乳腺の細胞が増殖するために起こるものです。閉経後の女性には起こりません。


乳房痛の症状
乳房痛とは乳房に痛みやしこりを感じたりするものです。症状の原因は女性ホルモンがほとんどで、思春期、月経期間、妊娠期間、閉経時・・・と、女性であればどの時期でも起こる可能性があります。また、乳房の痛みを乳ガンと結びつけてしまう人が多いですが、乳房の痛みが必ずしも乳ガンとは限らないので、ちゃんと病院に行って専門医の診察を受けることをオススメします。

乳房痛の原因
乳房痛は、だいたいが良性変化である乳腺症が原因のことが多いです。痛みが周期性の場合は月経前に乳房の浮腫による生理的な痛みになります。これは月経周期に関連したホルモンの変化が要因となって引き起こされます。月経周期と関係のない不規則な乳房の痛みは、良性の乳腺腫瘍である可能性が高いです。心配のない腫瘍ですが痛みが長く続くようなら乳腺外科で一度診断してもらうといいでしょう。

乳房痛の検査と診断
乳房痛の検査方法は、痛みを引き起こしている原因としてさまざまな疾患が考えられるので、受診した科によって異なります。乳がんなど乳房の異常を診断するためには、産婦人科や内科で触診、必要に応じてエコー検査などを行います。痛みと共に息苦しさなどの症状がある場合は、心臓の疾患が疑われるので、循環器内科などで症状に応じた検査を受けます。

乳房痛の治療方法
タモキシフェンという薬を使った治療法を受けると、乳房痛を緩和することが出来ます。症状が軽い場合は、乳がんを治療する薬を使用した薬物療法で治すことが出来ます。ホルモン剤の投与でも、乳房の違和感と痛みを消す事が出来ます。乳がんを起こしている場合は乳房を切除する手術を受ける事で、乳がんを治すことが出来るだけでなく乳房の痛みを治すことが出来ます。

乳房痛の初診に適した診療科目

乳房痛の専門外来

乳房痛に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ