乳頭浮腫ニュウトウフシュ

乳頭浮腫はどんな病気?
乳頭浮腫とは、脳内や脳の周辺の圧力上昇が原因で視神経が眼球に入る部分である視神経乳頭が腫れた状態のことです。症状として視界がぼやけたり、複視、ちらつき、眼が見えなくなるなどの一時的な視力の変化が現れますが、初期の段階では視力に影響がないこともあります。膿瘍や脳腫瘍、脳内出血や頭部外傷、肺に重い病気があることが原因とされています。


乳頭浮腫の症状
乳頭浮腫の主な症状として数秒の間、視界がぼやけたり見えなくなる、または視力に変化が出てくるといったことがあります。この他、頭痛、吐き気、嘔吐、視覚のゆがみなどもありますが、これらは座ったり横になっている姿勢から突然体を起こした状態になった時の脳圧の変化によりに多く起こります。発症初期には視力自体に変化がない場合もあります。

乳頭浮腫の原因
この乳頭浮腫の主な原因としては、脳腫瘍、膿瘍、頭部の外傷による出血、脳を覆う組織の感染、特発性の頭蓋内圧亢進症などがあります。これらの状態は両眼にこの症状を引き起こすという特徴があります。この病気の要因は、脳内や脳周辺の圧力の急激な上昇で、視神経を司る部分が腫れた事により起こるもので、視覚に障害をもたらすという特徴があります。

乳頭浮腫の検査と診断
乳頭浮腫の検査方法は、検眼鏡を用いてこの病気の検査を行い診断します。またCT検査やMRI検査も状態に応じて行います。また脊椎穿刺による脳脊椎液の圧力を調べます。そして脳脊椎液のサンプルを調べて脳の中に腫瘍や感染症がないかどうかを調べます。また眼の超音波検査をおこなって、この病気であるのかまたは視神経が膨張してみえる他の疾患であるのかを鑑別します。

乳頭浮腫の治療方法
乳頭浮腫の治療法は、一般的に投薬療法と外科手術を行う場合があります。主に中心となるのは投薬療法ですが、腫瘍を切除するほど肥大化した場合などは外科手術を行われる場合があります。投薬は抗生物質やステロイドの投与が一般的で、この投薬療法を続けることによって高い確率で改善する見込みがあります。また、他の病気を並行して患っている場合はそちらの治療も専念することで回復スピードが上がります。

乳頭浮腫の初診に適した診療科目

乳頭浮腫に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ