先天性眼瞼下垂センテンセイガンケンカスイ

先天性眼瞼下垂はどんな病気?
先天性眼瞼下垂は、生まれつき上瞼が下がっている状態の先天性の病気です。多くは左右どちらか片側の目に出る場合がやや多いですが、両側の場合もあります。原因としましては上眼瞼挙筋の発育不全が原因です。この他は先天性動眼神経まひ、マーカスガン現象などの神経の異常が原因の場合もあります。眼の下垂の程度が強かったり、視性刺激遮断が疑われる場合以外は、特に早期の手術を考える必要はありません。


先天性眼瞼下垂の症状
先天性眼瞼下垂の症状は、生まれつき上まぶたが下がってしまう状態を指します。片側の場合(片眼性)のこともありますが、両側の場合(両眼性)もあります。神経の異常をともなうことはありません。しかし、上直筋(目を上に動かすための筋肉)の機能不全を引き起こすことがあるほか、重度のときは斜視や弱視、視性刺激遮断弱視をともなうこともあります。

先天性眼瞼下垂の原因
まぶたを閉じたり開けたりするのに使う筋肉を眼瞼挙筋といい、その筋肉を動かすのは動眼神経と呼ばれる神経です。この筋肉や神経に何らかの異常がある場合、眼瞼下垂が生じます。眼瞼下垂には先天性と後天性があり、先天性眼瞼下垂の原因は眼瞼挙筋の形成不全だといわれています。視野も狭くなり、顎をあげる姿勢をとってものをみたり、まぶたを開こうとする動きで額にしわが寄ってしまったりします。

先天性眼瞼下垂の検査と診断
先天性眼瞼下垂(せんてんせいがんけんかすい)についてです。瞼を上げる眼瞼挙筋(がんけんきょきん)という筋肉とそれを動かすのは動眼神経(どうがんしんけい)ですが、これらの異常で眼瞼下垂が起こると言われています。検査方法についてですが、特殊な薬物(坑コリンエステラーゼ)を用いる場合があります。重症筋無力症という疾病が疑われる場合です。

先天性眼瞼下垂の治療方法
先天性眼瞼下垂の治療法には、アイパッチを装着しての訓練と手術によるものがあります。アイパッチでの訓練は片側のみ眼瞼下垂となっている場合に有効です。治療の必要がない方の眼を隠し、下垂している方の眼だけで物を見るよう訓練をします。下垂している側の眼を積極的に使うようにすることを目的としています。手術には眼瞼挙筋を短く縫いとめたり、眉毛を動かす筋肉とまぶたを皮膚の下で繋いだりする方法があります。

先天性眼瞼下垂の初診に適した診療科目

先天性眼瞼下垂の専門外来

先天性眼瞼下垂に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ