アセトン血性嘔吐症/ケトン血性低血糖症アセトンケッセイオウトショウ/ケトンケッセイテイケットウショウ

アセトン血性嘔吐症/ケトン血性低血糖症はどんな病気?

2~8歳のやせ型体質の神経質な子どもが感冒や精神的ストレスにより食事を摂取できなくなることにより発症する病態です。男児が多いことが特徴です。




アセトン血性嘔吐症/ケトン血性低血糖症の症状
低血糖や血中のケトン体の増加により悪心(おしん:むかつき)や嘔吐、脱力感、全身倦怠感、無表情、会話の停滞、集中力減退、速脈、顔面蒼白(そうはく)、歩行障害、嗜眠(しみん)、意識混濁(こんだく)などがみられます。

アセトン血性嘔吐症/ケトン血性低血糖症の原因
かぜをひいたり精神的緊張状態が続いて食事が十分とれないことが引き金となります。

アセトン血性嘔吐症/ケトン血性低血糖症の初診に適した診療科目

アセトン血性嘔吐症/ケトン血性低血糖症の専門外来

アセトン血性嘔吐症/ケトン血性低血糖症に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ