循環障害ジュンカンショウガイ

循環障害はどんな病気?
循環障害とは、血液やリンパの循環が阻害されることにより循環がうまくおこなうことができずに、臓器や組織に障害が、生じてしまうことを言います。循環な障害にともないおこる症状として挙げられるのは、充血、鬱血、虚血、出血、血栓症、塞栓症、梗塞、高血圧、浮腫、脱水症等が、そうです。なので、循環により、血液系の気管に異常が現れます。


循環障害の症状
循環障害の症状は、病名の通り純化器系の障害から起こりうるもので、血圧の不安定、目の充血、うっ血などの血液の悪循環などが一般的に挙げられます。また、血液都の関係がとても重大で、悪化してしまうと動脈硬化や血栓症などの重大な疾病も引き起こされる可能性があります。このことから心臓部にも悪影響を及ぼし、心不全や貧血などのあわせて引き起こされる場合があります。

循環障害の原因
循環障害とは血液やリンパの循環が阻害される事により臓器や組織に障害が生じることです。体内における分布、循環路及びそれ自体の液状の変化によって起こる病変をさします。動脈や静脈の血液の流れが妨げられたり、血管の圧迫などによって血液の流れが悪くなることが原因のようです。治療法は障害によって様々ですが、運動不足、喫煙、肥満、高脂血症、高血圧などを避ける生活を心がければ予防できるようです。

循環障害の検査と診断
循環障害を発見するための主な検査方法は、心電図、胸部X線撮影、心エコー法、心機図、CT、MRI、心臓核医学検査、心カテーテル法です。それぞれの中で、また、検査法の種類があります。心電図では、標準12誘導心電図、ホルター心電図、運動負荷心電図があります。心カテーテル法では、心血管造影法、電気生理学的検査などがあります。それぞれの特徴を考慮し、考えられる検査法を選択されます。

循環障害の治療方法
循環障害の治療法とは、まずはどのような理由で障害が起こっているかを判断する必要があります。それによって、治療の方法も変わりますので、その点に注意して診察をする必要があります。大抵は、投薬によって治療することが出来るようになっています。どのような薬を投薬するかを判断するためには、事前の検査がとても重要になっている点を忘れないようにする必要があります。

循環障害の初診に適した診療科目

循環障害の専門外来

関連部位から他の病名を探す

循環障害に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ