急性胃潰瘍キュウセイイカイヨウ

急性胃潰瘍はどんな病気?
急性胃潰瘍とは、胃液中の胃酸やペプシンにより胃の粘膜がただれて孔が開いてしまう潰瘍が突然起こることです。比較的短期間に症状が起こり、胃痛や吐き気、嘔吐などの症状が突然現れます。
みぞおちあたりの強い腹痛を感じます。一度に大量の出血を起こす場合もあります。
ストレスやアルコールの摂りすぎ、また、風邪薬などの影響でも発症するケースがあります。


急性胃潰瘍の症状
急性胃潰瘍の主な症状は、突然胃の痛みや嘔気、嘔吐、胃の不快感が現れることが多いです。
他の胃潰瘍と同じく、胃のむかつきや痛みから始まることが多いのですが、胃潰瘍を伴う場合、嘔吐、吐血をおこしてしまう恐れがあり注意が必要です。
一度発症すると再発する人も多いため、その場合は吐血に注意が必要です。このような状態になったらすぐに医者の診断を受けることが大切です。

急性胃潰瘍の原因
急性胃潰瘍はさまざまな原因でおこります。代表的なのは精神的ストレス、肉体的ストレス、外傷、化学物質、副腎皮質ホルモン薬、抗生物質、抗がん剤、農薬、アルカリやアルコールや珈琲、お茶などの飲料が挙げられます。
さらには食中毒や、特定のものに対してのアレルギー反応、寄生虫からの感染など数えきれないほどあります。
このような様々な原因によって胃液の分泌亢進や粘膜分泌の低下、胃粘膜の血液循環の悪化、さらに粘膜への直接障害が引き起こされ、胃粘膜の障害が起こると考えられています。

急性胃潰瘍の検査と診断
急性胃潰瘍の検査方法としては内視鏡検査が一般的です。
内視鏡検査は、内視鏡を口もしくは鼻から挿入し、直接潰瘍の状態を観察する検査です。
胃潰瘍の原因ともいえるピロリ菌の有無、病気がどの程度進んでいるか等の症状を観察します。
吐血・下血などがみられる場合は内視鏡的止血術も緊急で行われることがあります。
 

急性胃潰瘍の治療方法
急性胃潰瘍の治療は、胃潰瘍と同じで胃酸分泌抑制薬がとても効果があり、比較的早期に回復します。
再発を防ぐにはストレスやアルコールの取りすぎなどの要因を取り除くことが重要です。
それに加えて、食事療法も行われます。この病気の食事療法では、規則正しく食事をすることとと腹八分目の食事の量がポイントです。また、空腹の状態が続かないよう指導もされます。これは空腹により胃酸がたくさん出て潰瘍が悪化するのを防ぐためです。食後には休みを取り消化を助けます。

急性胃潰瘍の初診に適した診療科目

急性胃潰瘍の専門外来

急性胃潰瘍に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ