常位胎盤早期剥離ジョウイタイバンソウキハクリ

常位胎盤早期剥離はどんな病気?
胎児の娩出よりも前に、正常な位置にある胎盤が子宮壁から剥離されることをいいます。

常位胎盤早期剥離の症状
主に妊娠後期に起こり、性器出血と下腹痛が主な症状です。臨床症状は剥離の程度により異なりますが、出血、下腹部痛、子宮圧痛、子宮硬直などが多くみられます。次第に腹痛が強くなり、子宮内の出血の増加に伴い、子宮は板状に硬直し、子宮内胎児死亡、ショック症状が現れてきます。

常位胎盤早期剥離の初診に適した診療科目

常位胎盤早期剥離に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ