外傷性白内障ガイショウセイハクナイショウ

外傷性白内障はどんな病気?
外傷性白内障は、目に強い衝撃を受けたり、何かが刺さったりすることにより水晶体が損傷したり、水晶体の周辺組織が損傷することにより起こる白内障です。例えばスポーツをしていてボールがぶつかるといった原因でも起こります。自覚症状は主に視力低下ですが、損傷箇所によっては長期間の間に徐々に進行したり、長期間経過した後に症状が現れたりする場合があるため注意が必要です。


外傷性白内障の症状
外傷性白内障は視力の低下が主な症状です。眼の水晶体に傷ができて、そこから混濁が広がっていきます。白内障は、緑内障と同じく、失明の危険性を持った疾患です。水晶体の濁りが進行するにつれて、眼のかすみが強くなったり、ものがぼやけて見える強さがひどくなったりします。受傷後、10年以上経過して初めて視力の低下を自覚することもめずらしくありません。

外傷性白内障の原因
外傷性白内障の原因は、水晶体が傷つくことです。非穿孔性・鈍的外傷によるものと、穿孔性外傷によるものでは、症状の現れ方が異なります。鉄片など金属が目に入ったり、刃物などが触れた場合に、水晶体は傷つきます。打撲によって引き起こされることもあります。何らかの外力が目に加わったと感じた時には、自覚症状がなくても受診することが必要です。

外傷性白内障の検査と診断
外傷性白内障の検査は、専門病院が行っています。症状が疑われたら、最寄りの眼科を受診しましょう。検査方法は、目のカーブの角度や、屈折率を調べます。裸眼視力と、矯正視力を調べます。矯正視力は、メガネのレンズを用いて行います。そして、専門の機材で眼圧を調べ、検眼鏡をつかって眼底を調べます。以上で、異常があり、外傷により症状が起こった場合に診断されます。

外傷性白内障の治療方法
外傷性白内障の治療法としては、眼の調子や状態をじっくり観察して、医師の判断に基づいた上で手術を行っていきます。その外傷の程度によって、手術の方法は大きく変わってくることになります。またその難易度も、外傷の程度によって変わります。水晶体脱臼などの手術では、難易度がとても高くなっており、眼科医師による高度な技術を要します。

外傷性白内障の初診に適した診療科目

外傷性白内障の専門外来

外傷性白内障に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ