アレルギー性接触皮膚炎アレルギーセイセッショクヒフエン

アレルギー性接触皮膚炎はどんな病気?
アレルギー性接触皮膚炎とは、何らかの物質にアレルギー反応を起こし、皮膚が触れた部位だけに湿疹が現れたり、痒みを伴ったりすることで、原因を取り除けば、症状は軽減します。しかし、何に対してアレルギーを起こしたのかがわからなければ、対処もできないため、アレルギーが考えられる物質を皮膚に塗布し、マーキングして症状を見るパッチテストを行い、原因を調べることができます。


アレルギー性接触皮膚炎の症状
アレルギー性接触皮膚炎の症状としては、原因となる物質に皮膚が触れるとその部分にカユミを伴う紅斑や丘疹が現れることがあります。次第にそれは拡大していき、周辺の肌にも影響します。数時間後、数日後に発症することもあり、ひどいときにはカユミや紅斑だけではなくハレや水疱がでて、治ったあとも色素の沈着がおこります。光接触皮膚炎の場合は、全身に小水疱や丘疹が散在して現れます。

アレルギー性接触皮膚炎の原因
アレルギー性接触皮膚炎は、抗原となる物質と接触することが原因となり、アレルギーが引き起こされる疾患です。抗原となるものは、時計やアクセサリー、金属、化粧品、毛染め、漆などの植物や外用薬や湿布薬など様々です。歯科での金属アレルギーも多くなっています。物質にアレルギーが無いかを知るには、パッチテストを行い、事前に皮膚の反応をチェックしておくとよいでしょう。

アレルギー性接触皮膚炎の検査と診断
アレルギー性接触皮膚炎の検査方法とは、まず患者に細かい問診を行います。接触皮膚炎は何かに触れた場合に急に発症するので患者自身も心あたりがあるからです。毛虫や植物、何かの薬品に触れなかったかどうかを先に問診します。そこで心あたりがあればアレルギー物質を絞り混む事が出来ますし、原因が明らかになります。皮膚の状態も接触皮膚炎は独特の症状でありますから直ぐに診断が下されます。

アレルギー性接触皮膚炎の治療方法
アレルギー性接触皮膚炎の治療法についてですが、原則的にはそのアレルギーのもととなる物質などにこれ以上触れないようにすることが重要となります。皮膚炎が軽度の場合には、経過を観察するだけでよい場合もありますが、皮膚炎が重度の場合や、ひどいかゆみを感じるような場合は、かゆみを抑えるステロイドなどを患部に塗布する場合があります。

アレルギー性接触皮膚炎の初診に適した診療科目

アレルギー性接触皮膚炎の専門外来

アレルギー性接触皮膚炎に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ