老人性振戦ロウジンセイシンセン

老人性振戦はどんな病気?
老人性振戦とは、その名のとおり老人に多く観察される震えで、一般的には病的ではないと考えられています。病的なプレーは、安静時にも生じるものですが。この老人性の震えは、何かの動作をおこなったり姿勢を保持したりするときのみ観察することができます。この老人性の震えは、本人にとっては見た目の問題もあり苦痛になりますが、それ以外に支障はないと考えられています。


老人性振戦の症状
老人性振戦においては、安静状態では、この振戦と呼ばれるふるえは観察されませんが、何かの動作をおこなったり、姿勢を維持したりする状態においては、このような震えが見受けられると考えられています。第3者から見ると、これらの震えは大変気になり、必要以上に心配してしまうものですが、震え以外の症状がない場合は、特に心配する必要はないと考えられています。

老人性振戦の原因
老人性振戦の原因については、詳細なことはわかっていませんが、脳内の伝達異常により発生するといわれています。また、緊張状態に症状が悪化することから、交感神経が大きく関わっているとも考えられています。遺伝も関係するといわれていますが、親類にこの病気にかかっている人がいなくても、発症するケースもあるため、必ずしも遺伝性が実証されているわけではありません。

老人性振戦の検査と診断
老人性振戦の検査方法は今現在服用している薬の効能や効果を検査したり、甲状腺機能亢進症を識別したい人の血液検査やパーキソン病ではないかなどの検査が行われます。検査の種類は様々で、主にMRI検査を行った画像診断やCTスキャンによる画像診断により振戦の様々な可能性を調査します。肝臓などの腎機能を調べるための血液検査も行います。

老人性振戦の治療方法
老人性振戦の治療法は、β遮断薬を内服するのが最も一般的な治療となっています。この薬物療法は非常に有効です。また抗けいれん薬のプリミドンも効果的だといわれています。塩酸アロチノロールというβ遮断薬は保険適用となっているためよく使用されます。抗てんかん薬のマイリソンやアマンタジンも有効だといわれており、これらの薬を上手く使ってコントロールすることで、日常生活での支障を抑えることができます。

老人性振戦の初診に適した診療科目

老人性振戦の専門外来

老人性振戦に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ