変性疾患ヘンケイシッカン

変性疾患はどんな病気?
変性疾患の病気の症状は、脳や脊髄の一部が時間が経つにつれて、形が変性していく病気です。症状は年齢や人によって違ってきますが、今まで自然に出来ていたことが出来なくなったりします。歩行が困難になったり、言葉を話すことが困難になったります。その他には視力の低下や、音に対しての反応が悪くなったり、尿や便漏れをおこしたりします。


変性疾患の症状
脳変性疾患の症状は、病気の種類によりいろいろと異なることはありますが、一般的には歩くのが出来なくなったり、言葉が出なくなる、視力の低下、反応が鈍る、尿や便を漏らしてしまうなど今まで当たり前のようにしてた事が出来なくなります。ですが、ただ単に言葉や運動の発達が止まるだけの場合もあります。運動の異常や感覚の異常以外にもコミュニケーションの異常があります。

変性疾患の原因
変性疾患の原因は、多くの場合は要因が分からず遺伝性ではないかと考えられています。中には、代謝の異常や遺伝子レベルでの異常によるものであると解明されている例もあります。神経性によるものは、異常なたんぱく質を見分けて壊す機能が衰退していることが考えられています。この機能が衰退する動機などについては、まだ解明されていません。

変性疾患の検査と診断
変性疾患の検査方法は、病名、症状によって大きく異なっています。症状によって、変性が起きていると考えられる部位を判断し、それぞれに合った検査を行います。筋萎縮などの場合は、針筋電図検査や筋生検などを行います。パーキンソン病など脳に変性が考えられる場合には、脳血管撮影や頭部CT、MRI検査を行います。また、血液検査や尿検査を行うこともあります。

変性疾患の治療方法
脳変性疾患につきましては、現在の医療では完全に治すことは難しく、特異的な治療法の多くは未だ研究中となります。ですので、治療は変性が進行するのを少しでも抑える事に重点を置きます。薬物療法や理学療法を主に行い、原因となる物質が見つかれば除去、不足している物質があれば補充をします。理学療法では、身体機能の障害を少しでも防ぐため、主にリハビリテーションで精神面や体力面をつけます。

変性疾患の初診に適した診療科目

変性疾患の専門外来

変性疾患に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ