生理的黄疸セイリテキオウダン

生理的黄疸はどんな病気?
生理的黄疸とは、血液の中のビリルビンと呼ばれる物質の値が上昇することによって、皮膚や眼球結膜が黄色く染まって見えることをいいます。この症状は新生児によく見られる症状で、胎児から新生児への適応過程により起こります。生後2日から3日の時に現れ、生後4日から5日の時にビリルビンの値は最高になり、生後7日から10日で自然に消滅します。


生理的黄疸の症状
黄疸とは、血液中のビリルビンという物質が増えることで、体や白眼が黄色くなることをいいます。ビリルビンは赤血球に多く含まれ、肝臓で処理されます。新生児は、体内にいる時と生まれてからで、赤血球の成分がが異なり、赤血球が壊れてしまい、肝臓での処理も未熟なために、ビリルビンが血液中にたまりやすくなり、黄疸になります。これが生理的黄疸の症状で、生後4~5日がピークで、1週間程すると自然と消えていくものです。

生理的黄疸の原因
生理的黄疸の原因は、赤血球が壊れる時にヘモグロビンから生成される、ビリルビンという物質です。ビリルビンは肝臓で処理され、腸を通して便の中に排出されます。新生児は、成人よりも多血であるうえ、赤血球の寿命が短いので、ビリルビンの量が多くなります。肝臓での処理能力も低いので、腸から再吸収され肝臓に戻ってしまう現象が起こりやすいので、黄疸がでやすくなります。

生理的黄疸の検査と診断
新生児の生理的黄疸の検査方法は、まず、出産時の病院で医師が見て確認します。多くの新生児に表われる状態なので、通常は検査などせずに、自然に消えるのを待ちますが、黄疸が強い場合は、血液中のビルビリン値を調べてもらい、高度な場合は治療につなげて行きます。黄疸は中心部から手足へ広がるので、手のひらや足底まで黄疸が見えていたら、血液検査を勧めます。

生理的黄疸の治療方法
生理的黄疸とは新生児に見られる黄疸症状であり、新生児は肝臓で黄疸の原因であるビリルビンを分解する機能がまだ働かないので時たま起こる症状として知られています。この症状の治療法としては、多くが自然治癒してしまうことがあるのでまずは安静にして様子を見ることがとられます。それでも駄目な場合は、光線療法を行なうことでビリルビンを破壊します。

生理的黄疸の初診に適した診療科目

生理的黄疸の専門外来

生理的黄疸に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ