ストレス多血症ストレスタケツショウ

ストレス多血症はどんな病気?
ストレス多血症とは、赤ら顔や、肥満などの症状に良くみられ、神経質、高ストレス状態、喫煙者、生活習慣病などの症例を持っている人に代謝の異常が認められおこります。時に循環器障害による頭痛やめまいを生じ、赤血球増加の程度が著しい場合は、心筋梗塞や脳卒中などの血栓病を予防する目的で、飲み薬を投与されます。また、定期的な検査が必要です。


ストレス多血症の症状
ストレス多血症の症状が出て来はじめると、赤血球の増加してしまいますので、血液の濃度が高くなってしまいます。そうなれば、血栓が詰まったり動脈硬化をして、他の病気を合併しやすくなります。多血症だけでは、顔が赤くなる、頭痛、目眩、痺れ、粘膜の充血といったのが主にみられるます。他には耳鳴り、顔以外にも鼻の先、口唇、指先、結膜に赤みが現れます。

ストレス多血症の原因
ストレス多血症の原因は、ストレスが血管を収縮させてしまうことにより起こります。多血症は、血液中の赤血球濃度が増えることにより発症します。この病状においては、多大なストレスが交感神経を刺激し、その作用として体内に分泌されるノルアドレナリンのホルモンの過剰分泌を招きます。ノルアドレナリンによる作用によって血管が縮小してしまうことにより起きます。

ストレス多血症の検査と診断
ストレス多血症は多血症であることを確認し、さらにその原因がストレス性であると判断する必要があります。多血症には血漿が減って相対的に赤血球が増える相対性と、赤血球の量そのものが増える絶対的多血症があります。検査方法としては血中の赤血球数や血漿の割合を調べる血液検査が重要です。また問診などにより喫煙習慣やストレスの強さを確認することが大事です。

ストレス多血症の治療方法
ストレス多血症の治療法として、赤血球が正常な値になるまで体外に血液を繰り返しぬくという瀉血を行います。また、この治療は止めると元どおりになってしまうので、化学療法剤などで骨髄の血を造り出す機能を抑制することもあります。また、日常生活においてストレスを避けたり、体重をコントロールしたり、高血圧の治療をしたりすることも欠かせません。

ストレス多血症の初診に適した診療科目

ストレス多血症の専門外来

ストレス多血症に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ