腎前性急性腎不全ジンゼンセイキュウセイジンフゼン

腎前性急性腎不全はどんな病気?
腎前性急性腎不全とは腎臓の機能自体は保たれているのですが、腎臓への血流が減ってしまったために糸球体ろ過率が低下して乏尿になってしまった場合のことをいいます。この症状の原因としては、脱水や大量出血、心不全、ショック状態などが起因となって、血液の循環が悪化し腎臓に血流が回らなくなることでおこる腎臓の疾患のことをいうのです。


腎前性急性腎不全の症状
腎前性急性腎不全は、腎臓からの水分の排泄力が弱り、全身に水がたまって心臓や肺にも負担になり、せきが出たり呼吸困難に陥ります。予期していない状態に急激になるため、体が変化についていけず、激しい症状になります。老廃物が体内にたまり消化器系にも影響を及ぼし、食欲不振、吐き気、嘔吐などが起こります。そして進行すると痙攣、意識障害などやカリウム中毒なども発症します。

腎前性急性腎不全の原因
腎前性急性腎不全の原因は、主に腎不全の疾病を患っている方に多く、ある他の部位の疾病が引き金となって発症する危険性があります。他に、血圧の不安定が続いている場合や、腎臓に関連した疾病を患っている場合、この病気になる可能性が高くなります。この状態で敗血症や心機能の低下による疾病を並行して発症した場合もこの病気に該当する確率が高くなります。

腎前性急性腎不全の検査と診断
腎前性急性腎不全の検査方法としては、まず血液検査を行なうことになります。そして血液中の血清クレアチニンの数値により、判断することができます。そして原因を探すときには、患者の詳細な病歴を確認し、それをヒントとしてさらに血液検査、尿検査やMRI検査、CT検査やX線検査、超音波検査などの画像検査によって調べていくことになります。

腎前性急性腎不全の治療方法
血圧を上昇させる薬剤を投与する治療法で、腎臓の血流を活発化させて腎前性急性腎不全を治すことが出来ます。腎不全が重症の時は、腎臓を完全に摘出する手術を受ける事で治療を済ませることが出来ます。重症の時でも腎臓移植を受けると、効果的に病気を治すことが出来ます。症状が軽い時は人工透析を受けると、腎臓の機能を回復させる事が可能です。

腎前性急性腎不全の初診に適した診療科目

腎前性急性腎不全の専門外来

腎前性急性腎不全に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ