進行流産シンコウセイリュウザン

進行流産はどんな病気?
妊娠22週までの時期に、切迫流産が進んで、胎盤が剥がれたり、子宮の入り口が開いて、流産を止められない状態を、進行流産といいます。数分で進んでいくため保存的治療はできません。強い規則的な腹痛があり、胎のうが小さくなり変形して、子宮内の組織が排泄されていくので、多量の出血が見られます。子宮内に残存物がある場合は、流産手術が必要になります。


進行流産の症状
進行流産の症状は、出血や激しい腹痛があれば自分でも気が付くことがあります。出血の量がだんだん多くなり、血の塊が出ることもあります。出血の色は鮮やかではなく、暗褐色がチョコレートのような色をしています。胎児の生育が見られなかったり、胎嚢が崩れていたり消失しているのが超音波検査でわかります。妊娠週数が早いときは痛みもひどくありません。

進行流産の原因
進行流産は胎芽や胎児に何かしらの異常が認められて、今まさに流産が進行している状態をいいます。妊娠初期に見られる流産の半数以上は赤ちゃんに染色体異常や先天性の異常がある場合とされており、受精卵の異常によって胎芽が正常に発育できずに妊娠が継続できなくなってしまいます。母体に原因である場合はほとんどありません。しかし、母体が高齢であるほど頻度は増すといわれています。

進行流産の検査と診断
進行流産の検査方法は、まずは、膣内からの出血がないかを確認します。また、問診により子宮に痛みがないから、張りがないかを確認します。確認して異常がある場合には、子宮のエコーや触診を行い現在の状況を確認します。この症状は、主にお腹の張りを感じることがおおいいので、張りがある場合には、危険な場合があるので慎重に行いましょう。

進行流産の治療方法
進行流産の治療法は、進行の流産と確定されたら子宮内に残っている組織を全て取り除きます。これを子宮内膜除去術といいます。完全に出してしまわないと残った組織が子宮に癒着して子宮内膜症を引き起こしたり、不妊の原因になるためきちんと処置治療をします。進行している流産が途中で完全流産に移行し胎嚢などすべて流れてしまえば手術の必要はなくなります。

進行流産の初診に適した診療科目

進行流産の専門外来

関連部位から他の病名を探す

進行流産に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ