脊椎損傷、脊髄損傷セキツイソンショウ、セキズイソンショウ

脊椎損傷、脊髄損傷はどんな病気?
脊椎(脊髄)が損傷することの総称です。


脊椎損傷、脊髄損傷の症状
上位頸椎損傷では頸部痛、後頭部痛のほか、頭を両手で支える動作をとることもあります。上位頸椎は呼吸をつかさどる神経の中枢がある場所ですが、脊柱管(前述)が広いために神経麻痺はあっても軽いことが多いといわれています。ただし、重度の損傷では四肢麻痺(ししまひ)や致命的なものもあります。 中下位頸椎損傷では頸部痛、頸部の運動制限や運動時痛が起こります。この部位では脊柱管が狭いために高率に脊髄損傷がみられ、四肢麻痺を生じます。また、脊髄は損なわれない場合でも神経根が損なわれると、上肢の疼痛、しびれ、筋力の低下がみられます。 胸・腰椎の脱臼・骨折では、しばしば神経の損傷を合併するため、腰背部痛に加え、両下肢の運動、知覚麻痺を生じます。また、排尿・排便障害を来すこともあります。骨粗鬆症を伴う高齢者の胸・腰椎圧迫骨折では下肢の麻痺が起こることは少ないのですが、しばらくたってから麻痺症状が現れることもあるので注意が必要です。

脊椎損傷、脊髄損傷の初診に適した診療科目

脊椎損傷、脊髄損傷の専門外来

脊椎損傷、脊髄損傷に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ