咬爪症コウソウショウ

咬爪症はどんな病気?
咬爪症(こうそうしょう)とは、爪を噛む癖のことをいい、かなり多くの人に見られる症状です。症状については、本人が爪を噛んでしまうため爪の先がギザギザに荒れてしまっていたり、爪の表面がぼこぼこしている状態です。大人になっても爪を噛んでいる場合は、ストレスを解消するために爪を噛んでいるケースがあるため、心療内科での治療が必要です。


咬爪症の症状
咬爪症の症状は、名前の通り手の爪をかんでしまうのが一番の特徴です。精神的に引き起こされるケースは非常に多く、爪を咬まなければストレスが溜まると思い込んだり、落ち着かないなどの心的な部分でも影響が出てきます。重度患者になると、稀なケースですが爪を咬まなければ頭痛が起きたり、胃腸に悪影響を与えたりするケースも確認されています。

咬爪症の原因
咬爪症の原因としては、爪を噛む行為にあります。爪を噛む行為は誰でも10歳頃までは無意識に行なっていますが、成人してからも爪を噛む行為を続けることは、何らかの心の病気を患っている可能性もあります。人によってはストレスを解消するために無意識のうちに爪を噛む行為をしている場合もあり、様々な心理的要因によって、爪を噛む行為は行われます。

咬爪症の検査と診断
咬爪症の検査方法で最も一般的な方法は患者の爪と歯の形状の確認です。繰り返し爪を咬むため、爪や歯が変形したりすり減っているのが特徴です。そのため、形状を詳しく調べることで症状の度合いを知ることが可能になります。また、爪を咬む行為は患者の精神的な疾患に基づく場合があります。そのため、多くの心療内科で専門の検査を行っています。

咬爪症の治療方法
咬爪症の治療は、皮膚科ではなく心療内科で行うことが一般的です。爪を咬んでしまったことによる怪我の治療はもちろん皮膚科がいいのですが、爪を咬むという癖を根本的に治療するのなら、やはり心療内科が良いです。具体的な治療法としては、どんなときにストレスを感じ爪を咬んでしまうのか、その患者のストレスの原因を探し、元凶をなくしていくことです。

咬爪症の初診に適した診療科目

咬爪症に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ