急性胃粘膜病変キュウセイイネンマクビョウヘン

急性胃粘膜病変はどんな病気?
急性胃粘膜病変とは、突然の上腹部痛、吐血、嘔吐で発症し、緊急内視鏡検査で急性潰瘍、びらん、急性胃炎などが認めれます疾患です。原因ですが、精神的・肉体的ストレス、鎮痛薬や解熱剤などの薬物、多量飲酒です。治療には胃粘膜保護剤や胃酸を抑えます薬剤、また絶食や点滴によります栄養補給も行われます。出血が酷い場合以外は短期間で治癒します。


急性胃粘膜病変の症状
急性胃粘膜病変の症状としましては、急性なだけあり急な腹痛や胃痛、その他では吐き気や、嘔吐が現われます。 個人差や場合にもよりますが、粘膜から出血することがあり、嘔吐と共に血液を吐く嘔吐だったりら排便と一緒に血液が排出してしまう下血がおこる人も報告されています。胃粘膜病変は急性だけでなく、慢性型もありこちらは急性型に比べて痛みが小さいです。

急性胃粘膜病変の原因
急性胃粘膜病変の主な原因は、◯手術、外傷、熱傷に起因する肉体的ないし精神的なストレス。◯薬剤をはじめとする化学物質。◯解熱鎮痛薬、副腎皮質ホルモン薬、抗生物質ホルモン薬、抗がん剤、農薬、洗剤の使用。◯アルコール、お茶、コーヒー、香辛料などの飲食物の摂取。などが挙げられます。また、食中毒、寄生虫感染、食物アレルギー、重度の肝臓や腎臓疾患、稀ではありますが、内視鏡検査などが確認されています。

急性胃粘膜病変の検査と診断
急性胃粘膜病変の検査方法としては、主に内視鏡での検査が行われます。この疾患は粘膜に関連しており、内視鏡での検査の時期が重要なポイントと成り、適切なタイミングでの検査が重要になるのです。 この疾患の発症の初期には、多発性の潰瘍、鮮血、斑状の粘膜の発赤などの症状があらわれます。それ故に、この疾患の検査では、これらの要素が判断基準となり、病変の検査が行われます。

急性胃粘膜病変の治療方法
急性胃粘膜病変の治療法は、第一に、病変の原因の除去が最重要となります。症状が軽ければ内服薬を服用し心身の安静に努め、経過を見れば比較的短期間で症状は消えます。薬物での治療は、消化性潰瘍の治療に準じ、胃液中への酸の分泌を抑えるH2受容体拮抗薬やプロトンポンプ阻害薬、また胃粘膜を酸から守る胃粘膜保護剤、胃粘膜防御因子増強薬などが使われます。

急性胃粘膜病変の初診に適した診療科目

急性胃粘膜病変の専門外来

急性胃粘膜病変に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ