頸椎後縦靭帯骨化症ケイツイアトジュウジンタイコツカショウ

頸椎後縦靭帯骨化症はどんな病気?
頸椎後縦靭帯骨化症とは、手足のしびれや痛みを発症することが多く、手の細かい動作がやりにくくなったり(巧緻運動障害(こうちうんどうしょうがい))、足が突っ張って歩行がしにくくなる(痙性歩行(けいせいほこう))などの運動障害も出現する病気です。


頸椎後縦靭帯骨化症の症状
頸椎後縦靭帯骨化症の主な症状は、脊髄圧迫症状です。さらに頻尿や失禁、便秘などの膀胱直腸障害もみられます。

頸椎後縦靭帯骨化症の治療方法
転倒などの軽い外傷を契機に麻痺症状は急激に悪化します。脊髄症状による歩行障害が転倒を招き、その結果、脊髄症状が悪化するという悪循環にもつながります。 いったん高度の脊髄麻痺が発症すると、その治療は困難です。

頸椎後縦靭帯骨化症の初診に適した診療科目

頸椎後縦靭帯骨化症の専門外来

頸椎後縦靭帯骨化症に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ