慢性胆嚢炎マンセイタンノウエン

慢性胆嚢炎はどんな病気?
胆嚢炎には二種あり、急性胆嚢炎と慢性胆嚢炎に分かれます。後者は急性胆嚢炎から移行する場合と初めから慢性として発症する場合があります。慢性的な炎症で胆嚢結石を伴っている事が多く、炎症による刺激で壁が厚くなっていきます。症状は無自覚から上部腹部の鈍痛や腹部膨満官など様々なものがあげられますが、症状は比較的軽度で慢性では血液検査で異常を見受けられない事もあり、超音波やCTなどの画像診断が行われます。

慢性胆嚢炎の症状
慢性胆嚢炎では、急性期のような激しい腹痛は起こりません。食べ過ぎた後に、右上腹部のあたりがシクシクと痛み、胃もたれのような不快感の症状が起こります。痛みは、食後1~2時間後に出て、食べ過ぎていたほど強まりますが、しばらくすれば治まります。なんとなく調子が悪いといった程度のこともあり、見過ごされがちです。発見しにくいので、定期的に検査を受けるしかありません。

慢性胆嚢炎の原因
慢性胆嚢炎は胆石による要因が大きく、胆石が胆道に詰まることで胆汁の流れを阻害して粘膜に炎症が起こり、大腸菌などが細菌感染を引き起こすことで発症します。急性胆嚢炎になった人の半数が変異して慢性化するといわれています。また、胆石がない場合でも、肉食など脂肪の多い食事のとり過ぎ、暴飲暴食、ストレス、過労などもこの病気を引き起こす原因となる場合もあります。

慢性胆嚢炎の検査と診断
慢性胆嚢炎とは、胆石などが原因で慢性的に胆嚢が炎症を起してしまう病気のことをいいます。この症状の検査方法としては、超音波診断、CT検査、MRI検査を行なうことで行ないます。検査によって胆嚢の壁が分厚くなっていることがわかれば慢性的な胆嚢炎として診断されるのです。治療法としては、胆石がある場合は外科手術で胆石を取り除くことを行ないます。

慢性胆嚢炎の治療方法
慢性胆嚢炎の治療法は、症状がそれほどなく、ガンへ移行するなどの心配がない場合は経過観察などで定期的に検査を受けるなどの処置がとられます。状況によっては、鎮痛剤などを使用し抗生物質で細菌の感染を抑えます。炎症が治らない場合、胆汁や膿を体の外に排出するため胆嚢にチューブを通し、安静にして絶食や点滴などの治療となります。普段から脂肪分を控え、食べ過ぎ、飲み過ぎ、過労やストレスを避けることが大切です。

慢性胆嚢炎の初診に適した診療科目

慢性胆嚢炎の専門外来

慢性胆嚢炎に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ