腰部脊柱管狭窄症ヨウブセキチュウカンキョウサクショウ

腰部脊柱管狭窄症はどんな病気?
腰部脊柱管狭窄症とは、腰の部分の背骨が変形することによってその背骨に流れている神経などが圧迫されてしまい下肢に痛みやシビレが発生してしまうというものになっています。こうなってしまっては基本的には外科手術をおこなっていくことになっていきます。また多くの場合には、姿勢が崩れてしまっていることが原因のひとつになっていますのでその改善が大切です。


腰部脊柱管狭窄症の症状
腰部脊柱管狭窄症になると、5分位しばらく歩くと、しびれたり痛くなったりして歩けなくなります。しばらくの間座って休むと、少しだけ歩く事が出来ますが、また5分位でしびれや痛みがきつくなり歩けなくなります。これは間欠性跛と言う病状です。これが狭窄症の主症状ですが、腰を反らすとしびれや痛みが悪化し、また前かがみなどの姿勢になると、しびれや痛みが軽減します。

腰部脊柱管狭窄症の原因
腰部脊柱管狭窄症の原因には、先天性のものと後天性のものがあります。先天性疾患の場合は、生まれつき脊柱管が狭く、成長過程でも脊柱管の間隔が狭いことが要因で起こります。また、後天性疾患の場合は、加齢による病気や変性が大きな要因になりますが、椎間板ヘルニアの合併狭窄によるものや、腰椎の手術や外傷が発端になることもあります。また、中高年女性は変性すべり症による発症が多くあります。

腰部脊柱管狭窄症の検査と診断
腰部脊柱管狭窄症の主な検査方法には、レントゲン検査、MRI検査、CT検査等の画像検査があります。それらの検査の際に筋電図や神経根ブロックなどの補助的な検査が必要な場合があります。また、主な症状である間欠性跛行は血管の病気でも表れるため、誤った診断がなされないようにABPIで閉寒性動脈硬化症の検査をしたり、さまざまな臨床検査が行われる必要がある場合があります。

腰部脊柱管狭窄症の治療方法
腰部脊柱管狭窄症の治療法としては、まず保存治療が行われます。鎮痛剤や血行改善薬などを使用してコントロールします。また痛みが強い場合は神経ブロックも行われます。保存治療で症状が改善しない場合は、手術療法に移ります。狭くなっている脊柱管の部分を広くして神経の圧迫を取り除く開窓術や、他には椎弓切除術や脊柱管拡大術などがあります。

腰部脊柱管狭窄症の初診に適した診療科目

腰部脊柱管狭窄症の専門外来

腰部脊柱管狭窄症に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ