変形性股関節症ヘンケイセイコカンセツショウ

変形性股関節症はどんな病気?
変形性股関節症とは、長年に渡る負担によって関節軟骨がすり減ったり、骨が変形してしまう病気です。原因には年齢によるものと、生まれつき股関節が脱臼している先天性股関節脱臼や、股関節の発育が不完全な臼蓋形成不全が原因とされています。足の付け根やひざに痛みが生じ、関節の動きも制限されます。リハビリや湿布、痛みどめの服用などが主になる保存的治療や関節温存手術、人工置換手術などの治療法があります。


変形性股関節症の症状
変形性股関節症の主な症状は、鼠頸部(足の付け根)にある股関節の痛みと、それによる様ざまな機能障害です。初期には、立ち上がりや歩行のはじめに股関節に痛みを感じ、進行すると痛みが強くなり、患者によっては常に痛む「持続痛」や就寝時にも痛みを感じる「夜間痛」を起こすこともあります。また、日常生活でも長時間の立ち仕事や階段の上り降りの際に痛みを伴うようになります。

変形性股関節症の原因
変形性股関節症は、加齢に伴う一次性のものと、何らかの原因で起こる二次性のものがあります。80%以上が二次性で、生まれつき股関節の骨盤側の形が小さかったり、小児の股関節の病気、骨折や脱臼などの外傷、痛風や化膿性関節炎による炎症などにより起こります。小児期の股関節の病状が女性で多いため、女性に多く見られる病気です。また、年齢とともに発症率ご高くなります。

変形性股関節症の検査と診断
変形性股関節症の検査方法は、基本的には単純X線撮影(レントゲン)による形態的診断です。診断によって、骨の形や前期・初期・進行期・末期の4段階の進行具合などの基本的なことがわかります。さらに軟骨の減り具合をなどを詳しく調べるためには、股関節造影検査、MRI検査を行います。また炎症の有無と程度を調べるためには、関節液検査、血液検査を用いて診断をします。

変形性股関節症の治療方法
変形性股関節症の治療法は、大きく3つに分けられます。症状が軽度の場合には、薬物治療、筋力強化、体重コントロール、安静に重点を置く「温存療法」を行います。温存療法で改善が見られない場合や痛みの程度が酷い時には、外科的処置として「関節温存手術」と「人工置換手術」の治療を検討します。また、最新の医療技術では、人工股関節置換手術の前に正確にシュミレーションが行えるようになっています。

変形性股関節症の初診に適した診療科目

変形性股関節症の専門外来

関連部位から他の病名を探す

変形性股関節症に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ