スポーツ外傷スポーツガイショウ

スポーツ外傷はどんな病気?
スポーツ外傷とは、スポーツをしている最中に、何らかの原因によって外科的な傷害を負ってしまうことを指します。スポーツ中のこのような外傷は、スポーツの種類によって発生しやすいスポーツと、それほど発生しないスポーツとに分けることができます。特に屋外で行うような、競技者同士がぶつかり合うようなスポーツでは、この障害の発生頻度が高いと考えられます。


スポーツ外傷の症状
スポーツ外傷と一言で言っても、それが発生する部位や外傷の状態などによって、症状はかなり異なってくると考えられます。一般的なところでは、患部の痛みや腫れ、出血を伴う場合には、それが大量であれば意識障害や出血性のショックなどが起こる場合もあります。意識障害などが起こるのは、外傷がかなり重度である場合に限られると考えられます。

スポーツ外傷の原因
スポーツ外傷の原因とは、スポーツを行っている際に起こる怪我です。スポーツの最中は大変体を動かしますし、無理な体勢をとったりする事が多々あります。特に外でスポーツをするサッカー等は足の擦り傷等は日常茶飯事になります。ボクシング等も御互いの顔を殴り合う際に、目の上を良く怪我をします。スポーツには危険が隣り合わせであり、怪我はつきものなのです。

スポーツ外傷の検査と診断
スポーツ中に外傷で出血してしまった、すぐに出来る処置といえばタオルで傷の部分を抑える。すぐに病院に行かず自宅で外用薬を塗ったり、絆創膏でと簡単に終わりにしてしまう事が多いですね。しかし、それだけでは傷は傷も悪化します。病院で検査を受けましょう。検査方法は、骨にも異常があるかレントゲン撮影します。もし異常がない場合は外用薬や湿布受け取ります。もし骨に異常があればスポーツ外傷の専門科に通院します。

スポーツ外傷の治療方法
スポーツ外傷には、骨折、脱臼、ねんざ、靭帯の損傷など症状によってさまざまな治療法があります。ねんざや打撲程度のものであれば、激しいスポーツを控え、様子を見ることで治ります。しかし、骨折をした場合はギプスをして生活、安静にすることが必要ですし、靭帯の損傷も早めの治療が必要になります。スポーツの種類によっては症状を繰り返すものもあるため、かかりつけ医を決めておくこともよいでしょう。

スポーツ外傷に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ