シンナー中毒シンナーチュウドク

シンナー中毒はどんな病気?
シンナー中毒とは、シンナーを高濃度で急性に、あるいは低濃度で慢性的に吸引した際に神経系を含むさまざまな臓器に障害を生じた状態をいいます。シンナー遊びでこの症状が起こることが有名ですが、塗装作業の際など家庭での中毒事故も少なくありません。症状としては、始めは多幸感やせきこみ、その後は頭痛、めまい、はきけが起こってしまい、最終的には幻覚や幻視、不眠、被害妄想なども起こってしまいます。


シンナー中毒の症状
シンナー中毒の症状は薬物のような多幸感に包まれます。それに伴い、咳や痰などのような気管支炎に似たものも同時に起こります。また頭痛、眩暈、耳鳴りなども顕著に現れ、意識障害の危険性もあります。特定のシンナーによっては視覚障害が引き起こされ失明のおそれもあり、通常1週間前後で視覚の異常がわかり、早くに失明する場合があります。

シンナー中毒の原因
シンナー中毒の原因とは、まずシンナーを吸引する事で引き起こされます。職場でシンナーを扱う際にはマスクを使用しますが、まれに吐き気、頭痛が現れます。しかしシンナーは遊びにも使われており、吸引をする事で酒に酔ったような感覚になります。それに依存してしまいなかなか辞める事が出来なくなります。すると長期間シンナーを吸引するようになってしまいます。

シンナー中毒の検査と診断
シンナー中毒の検査方法として最も頻繁に行われているのは筋電図の撮影や神経の動きに関する検査です。筋電図では筋肉が異常な動きを見せているかどうかを確認することができ、神経に関する検査では神経の異常の有無を確認することができます。それらを総合して中毒症状があるかどうかを判断することができ、検査の方法として多く用いられるようになっています。

シンナー中毒の治療方法
シンナー中毒に対して行われる治療法は、主に活性炭の投与と対症療法の2種類です。また、本症例に対する治療にて、催吐、ならびに胃の洗浄は禁忌となっています。応急処置として、新鮮な空気のある場所(外や窓が空いていて空気の入れ替えがなされているところなど)に移動させることを基本とし、万一、皮膚汚染や目などに入った際には、流水で十分な洗浄を行います。

シンナー中毒の初診に適した診療科目

シンナー中毒に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ