唇顎口蓋裂シンガクコウガイレツ

唇顎口蓋裂はどんな病気?
これは顔面先天奇形の一つで、唇や口の中が割れているものをさします。発生頻度は500人に一人の割合といわれています。現在ではいろいろ研究がされている段階で、原因はまだ分かっていません。唇顎口蓋裂といってもその程度も、それによってもたらされる障害も様々です。口元は目立つ部分ですし、場合によっては発音障害がみられるため、幼児期からしっかり治療する必要がありますが、かなり自然に近い形にすることが可能です。


唇顎口蓋裂の症状
唇顎口蓋裂とは、唇が割れた口唇裂と、口蓋が裂けて口腔と鼻腔がつながった状態になる口蓋裂と、顎の骨が裂けてしまっている顎裂が合併した症状です。これは先天性の形態異常であり、子宮内の胎児が成長の過程で発症します。この状態になると美容を損ね、哺乳や摂食が困難になったり、発音がしにくくなったりします。また、二次的に扁桃炎や中耳炎にかかりやすくなります。

唇顎口蓋裂の原因
唇顎口蓋裂は、胎内での出来事に終始しています。口唇や口蓋は本来ならば胎内の中で形成されるのですが、これらが予定どおり癒合しなかった場合には裂け目が残ってしまいます。胎内中での遺伝子や環境因子の相互作用によって発生することがわかっていますので、胎児が成長中の時に母親が使用する精神安定剤やホルモン剤などの外的要因が原因となってしまう病気と言えます。

唇顎口蓋裂の検査と診断
唇顎口蓋裂の検査方法はまずは、目視です。はっきり言って、そうであるのかないのか、ということは目視で判断できます。どの程度なのか、ということはレントゲンなどで写真をとればはっきりします。ですから、検査自体は決して難しいものではありませんから、すぐに診断してくれます。まずは、しっかりとした病院に行って診断してもらうことです。

唇顎口蓋裂の治療方法
唇顎口蓋裂の治療法は生後0ヶ月より始まります。まず最初に口蓋閉鎖床治療から始まり、口唇裂、軟口蓋、硬口蓋、中耳腔換気用チューブと進んでいきます。主に、外科手術を伴う場合が多いです。歯科矯正の必要がある場合もあります。治療のスケジュールは患者や病院によってそれぞれ適した時期に行われるので、すべての患者が同じ時期に同じ治療を受けるわけではありません。

唇顎口蓋裂の初診に適した診療科目

唇顎口蓋裂の専門外来

唇顎口蓋裂に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ