自動症ジドウショウ

自動症はどんな病気?
自動症とは、無意識のうちに様々な動作を行ってしまう症状です。これはてんかんを患っている患者に良くみられる行動です。発作がおこる前に口を不自然に何回も動かしたり、意味のない身ぶり手振りを繰り返したりします。時には無意識のうちに何処かへ歩きだすと言った症状もあります。そして睡眠障害によるこのような不自然な行動も確認されています。


自動症の症状
自動症の症状は、睡眠時に多く見られ脳的には睡眠状態にあるが、無意識的に行動を起こすことが挙げられます。この場合は自分では行動をしたという記憶がなく、思い出すこともほぼ不可能だという点が特徴です。また、このような行動をしている間は夢を見ていることが多くあります。時々強い幻覚が引き起こされたり、睡眠障害のようなものも同時に発症する場合が多いです。

自動症の原因
一般的に、自動症とはてんかんの発作の一種であり、意味不明な動きになることがよくあります。また、これらの原因とは睡眠不足であることやストレスなどが蓄積されて精神状態が麻痺してしまったなどのことです。このため、これらの病気を防ぐにはストレスを感じさせないようにすることや、睡眠などをきちんととるように努めることが重要なことです。

自動症の検査と診断
自動症の検査方法についてです。まずは問診を行い、どんな症状が出るのかをイメージしながら、具体的な質問をし当てはまる発作なのかを確かめていきます。または、発作を見ていた人からもヒヤリングする必要があり、起こっていた時間や、どんな状態だったのかを具体的に聞いていくことで、的確な診断をすることができます。症状が出た場合は、早目に検査を受けることをおすすめします。

自動症の治療方法
自動症の治療法は、まずあげられるのが精神科や心療内科への通院によって処方される投薬療法があります。投薬の他には、カウンセリングや対話方式の治療が挙げられます。また、軽度の症状の場合には自分でできることとしては生活習慣の改善や食生活の見直し、十分に療養する時間をとるなども効果的です。更には睡眠不足が原因で発症する場合も多いので十分な睡眠時間を確保するのも大事です。

自動症の初診に適した診療科目

自動症の専門外来

自動症に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ