流行性耳下腺炎(ムンプス、おたふくかぜ)(小児)リュウコウセイジカセンエン(ムンプス、オタフクカゼ)(ショウニ)

多くの場合、頬の痛みと腫れで発病に気づきます。発病前に首の痛みや頭痛を訴えることが時にあります。頬の腫れは1~3日でピークに達し、その後3~7日くらいでひいていきます。片側の頬部(耳下腺部)の腫れに気づいてから、1~2日後に反対側が腫れてくることはよくあります。なかには一方の耳下腺の腫れだけで終わることもあります。耳下腺が腫れている時に発熱を伴うこともありますが、多くの場合軽い発熱で40℃を超えることはあまりありません。5人に1 人くらいは発熱がみられません。発疹は通常みられません。主な症状は激しい頭痛と嘔吐、発熱です。

流行性耳下腺炎(ムンプス、おたふくかぜ)(小児)の初診に適した診療科目

流行性耳下腺炎(ムンプス、おたふくかぜ)(小児)の専門外来

流行性耳下腺炎(ムンプス、おたふくかぜ)(小児)の専門医

流行性耳下腺炎(ムンプス、おたふくかぜ)(小児)に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ